• 渡邊 優

自分には決して選択できないものごとや運命があると信じていました。

代表的なものが、両親や生まれてくる環境、こればかりは決して選べないと。


しかし、これすらも全て自ら選んで生まれてきて、この環境で学ぼうと選択してきたのであるなら、それはもう、魂の学びという壮大なドラマが、今ここにはあるのだと実感しました。


それは、全てにおいての選択権が自らの手の中にあり、自らの快不快から、外側の世界の働きかけまで、あらゆる選択肢が自分にはある。そう思うと、どれほどの可能性と、使命と、そして責任を持ってこの地に来たのか計り知れないと思いました。


きっと過去、前世から引きずってきたあらゆるパターンがある中で、全てを認め、許し、受け止めながら、新たなものを選び「私」の人生を創造していく。

創造するのって大層な印象を与えますが、きっと小さなことの積み重ねで、白パターンでの人生を創造していくのだと思います。

それはもしかしたら、他人から見たら分からないほどの自分だけの小さな変化で、しかしそれは確実に、楽で、楽しい人生へと進んでいるのかもしれません。


この与えられている全ての選択肢。大事にしていきたいと思います。



最新記事

すべて表示

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的

夫婦喧嘩は犬も食わない

両親がめっちゃ夫婦喧嘩をしているんですね。 その模様が毎日LINEで父、母の両方から飛んできます。 その二人の内容は、お互い怒りに満ち満ちており、できる限り聞くようにしていますが、その度に私のパターンは騒ぐのです。 特に父に対しては「もっと母に優しくしてほしい」「もっと母を理解してほしい」このあたりが騒いでどうしても母親の肩を持ってしまう。 そうするとイラッとして、腹が立って、三行半をつけてしまう

待つということ

自分を待つ。 自分の成長を待ってあげる。この意味が当初理解できませんでした。 結果と成果が重視される社会にどっぷりと浸かっていた自分には、自分を待ってあげるということがどういうことか理解できなかったのです。 自分の成長、成果、結果をもっと早く手に入れたい。 そのあまりに慣れ親しんでいたパターンは、何事にも行動が必要で、努力があって、それに対する目に見える結果という対価が必要だと信じていたのです。