top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は東京都美術館で、印象派モネからアメリカへを見てきました。

以前からモネやルノアールなどのフワッとした色使いや優しい感じは好きでしたが、最近は好みが変わったらしくもっとハッキリとした輪郭やハッキリとした色、躍動感のある描写、そういったものが好みになってきました。


そこで思い当たったのは、以前の優しい感じが好きだったのは、優しさや柔らかさをパターンが求めていたからなんじゃないかということです。パターンは、もっともっと自分に優しくしてほしい、包んでほしい、安心させてほしい、だから絵画にも救いのようなものを求めていたのだと思います。なんかその線は強い気がします。パターンはなんでも使いますから。


自分がなぜそれを求めて、どんな動機で、そうするのか、その辺りをもっと観察する必要がありそうです。きっと自分が知らなかったパターンがわんさかいそうです。今日はその最初の取り組みです。


いざ!参らん。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comentarios


bottom of page