• 渡邊 優

V・E フランクルの夜と霧を読みました。

強制収容所という極限の状態にいる中で、心理学者からみた心理状態を分かり易く、そしてリアルに書かれている内容は、想像を絶する内容でした。

その極限の状態から問われる、「人間とは」の問いに、フランクルはこう答えています。

この状態を脱したら、自分は解放されやっと何者かになれる。ではなく、この極限の状態だからこそ何者かになれる。寧ろ、極限の状態の方が成長できると。

そう、人間とは常に、何かを決定する存在だと。


すごいな・・・と思いました。


恐らく私たちを取り巻く世界は、これから様々なことが起こると思います。

あらゆる事象の中で、どんな状態になっても、流石にここまでの極限状態にはならないと思います。


このフランクルの、「人間とは」の問いのように、何があっても、選択できる私でありたいと思いました。


しかしすごいなこの本。

何かを強烈に打ち込まれた気がします。

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com