• 渡邊 優

V・E フランクルの夜と霧を読みました。

強制収容所という極限の状態にいる中で、心理学者からみた心理状態を分かり易く、そしてリアルに書かれている内容は、想像を絶する内容でした。

その極限の状態から問われる、「人間とは」の問いに、フランクルはこう答えています。

この状態を脱したら、自分は解放されやっと何者かになれる。ではなく、この極限の状態だからこそ何者かになれる。寧ろ、極限の状態の方が成長できると。

そう、人間とは常に、何かを決定する存在だと。


すごいな・・・と思いました。


恐らく私たちを取り巻く世界は、これから様々なことが起こると思います。

あらゆる事象の中で、どんな状態になっても、流石にここまでの極限状態にはならないと思います。


このフランクルの、「人間とは」の問いのように、何があっても、選択できる私でありたいと思いました。


しかしすごいなこの本。

何かを強烈に打ち込まれた気がします。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価