• 渡邊 優

V・E フランクルの夜と霧を読みました。

強制収容所という極限の状態にいる中で、心理学者からみた心理状態を分かり易く、そしてリアルに書かれている内容は、想像を絶する内容でした。

その極限の状態から問われる、「人間とは」の問いに、フランクルはこう答えています。

この状態を脱したら、自分は解放されやっと何者かになれる。ではなく、この極限の状態だからこそ何者かになれる。寧ろ、極限の状態の方が成長できると。

そう、人間とは常に、何かを決定する存在だと。


すごいな・・・と思いました。


恐らく私たちを取り巻く世界は、これから様々なことが起こると思います。

あらゆる事象の中で、どんな状態になっても、流石にここまでの極限状態にはならないと思います。


このフランクルの、「人間とは」の問いのように、何があっても、選択できる私でありたいと思いました。


しかしすごいなこの本。

何かを強烈に打ち込まれた気がします。

最新記事

すべて表示

川の流れに身を任せ・・

黒パターンの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の反対の白パターン「思い通りじゃなくてもいい」 この白パターンを選びきれている時は、何か良いあんばいの流れの中に自分がいる気がします。 逆に「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の黒パターンでいる時はその流れに逆らい、抵抗感や苦しさやストレスを感じます。 そうか、この流れに逆らわずに受け入れる生き方「思い通りじゃなくてもいい」という流れに身を任せる生き方もあるんだなと実感

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com