• 渡邊 優

V・E フランクルの夜と霧を読みました。

強制収容所という極限の状態にいる中で、心理学者からみた心理状態を分かり易く、そしてリアルに書かれている内容は、想像を絶する内容でした。

その極限の状態から問われる、「人間とは」の問いに、フランクルはこう答えています。

この状態を脱したら、自分は解放されやっと何者かになれる。ではなく、この極限の状態だからこそ何者かになれる。寧ろ、極限の状態の方が成長できると。

そう、人間とは常に、何かを決定する存在だと。


すごいな・・・と思いました。


恐らく私たちを取り巻く世界は、これから様々なことが起こると思います。

あらゆる事象の中で、どんな状態になっても、流石にここまでの極限状態にはならないと思います。


このフランクルの、「人間とは」の問いのように、何があっても、選択できる私でありたいと思いました。


しかしすごいなこの本。

何かを強烈に打ち込まれた気がします。

最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問