• 渡邊 優

V・E フランクルの夜と霧を読みました。

強制収容所という極限の状態にいる中で、心理学者からみた心理状態を分かり易く、そしてリアルに書かれている内容は、想像を絶する内容でした。

その極限の状態から問われる、「人間とは」の問いに、フランクルはこう答えています。

この状態を脱したら、自分は解放されやっと何者かになれる。ではなく、この極限の状態だからこそ何者かになれる。寧ろ、極限の状態の方が成長できると。

そう、人間とは常に、何かを決定する存在だと。


すごいな・・・と思いました。


恐らく私たちを取り巻く世界は、これから様々なことが起こると思います。

あらゆる事象の中で、どんな状態になっても、流石にここまでの極限状態にはならないと思います。


このフランクルの、「人間とは」の問いのように、何があっても、選択できる私でありたいと思いました。


しかしすごいなこの本。

何かを強烈に打ち込まれた気がします。

最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声