• 渡邊 優

昨日はバレエススタジオのレッスン日でした。

私の先生はまだお若いながらも、一つのことを極めてきたというバックボーンが見えます。


この一つのことを極めるというものに、以前読んだ本でこんなことが書かれていました。

「超一流になるには才能か努力か?」 著 アンダース・エリクソン

著者は何千人という超一流の人を対象にあらゆるデータを取っていました。

その中でも目を引いたのが、能力別にクラス分けされている音大生を調べたときのものです。

一番優秀なクラスと二番目に優秀なクラスと、一番下のクラスまで順に調べ、

そこで分かったことは、優秀なクラスになるほど比例して練習時間が多くなる、というものでした。

そしてこの著者は、あらゆる分野の超一流の人を調べ、ある一定の法則を見つけるのです。

それが、「一万時間の法則」

超一流と言われている人たちに共通して言えるのが、今まで生きてきた中で一万時間をその分野の練習に捧げるというものでした。

外から見ているとあたかも才能に恵まれているように見える人にも、そのようなバックボーンがあるという現実を突き付けられた瞬間でもあります。

これは今の私の良い教訓にもなっています。


バレエの話に戻りますが、一つのことを極めてきた先生のそれは、強く強靭で、美しく覇気があり、向き合うことに対する本気の姿勢は私に多大なる影響を与えます。

この本気になるという在り方は、帰りの道で、覚悟や決意、内なる力や静寂を携えさせるのです。

気持ちのいいレッスンでした。



最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、