top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

テレビをつけると、コロナコロナコロナ。

名前は可愛いけど憎いやつ。

まるで世間の不安を煽るかのように、コロナ一色と言っていいほどコロナの話題で持ちきりです。


どこそこででた。またでた。経済に影響する。株価も落ちた。震災以来の影響だと。

でも、考えてもみてほしい、あと半年もしたらこの状況も落ち着いて、いつも通りの日常を過ごしているはず。来年の今頃なんて忘れ去られているよ。


情報を追うのではなく、

今、見るべきはーーー「自分」です。


どんな状況であっても自分を忘れずに、自分をしっかりと持ち、自分のなすべきことをしていこう。

現実的にやるべき予防をしたのなら、「人間万事塞翁が馬」で、安心していつも通りの日常を過ごすのが大切だと思います。


しっかり食べて、しっかり寝て、免疫力をしっかりとつけておきましょう!



最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page