• 渡邊 優

バレエの後の余韻が好きです。

レッスン後の身体の中に、真っ直ぐなものがあるのが分かる。それは脊髄から脳天まで突き抜け、自分の芯へと変わる気がする。


不思議なものです。あの嫌で嫌で仕方がなかったバレエ。早く終わらないか、早く終わらないかと時計ばかりを見て怒られていた自分が今では快感を求めて通っている。私の価値観を180度変えた何かがこの世界にはある。勿論ワークのおかげもあると思いますが、にしても、このバレエの世界には不思議な力がある。人を穏やかに、強くさせ、優しくさせる。そして誰とも競わない。


今まで経験したことのない世界がここにはあり、気がついたらハマっている。


私にとってバレエとは、心を鍛え、体を鍛え、自分を育ててくれるものの一つであり、楽しみとなっているものです。


この余韻に浸りながら今日はゆっくり眠ろう。

最新記事

すべて表示

責任

先日の茅ヶ崎セミナーで、カウンセラー仲間のMさんからこんなことを学びました。それは、黒パターンを放っておくと意味付けが変わらないままなので、そこをどんどん掘っていってしまう。白パターンを選ばない限り同じ意味づけのまま思考停止状態に陥る。また新たなものに変えても、動機が不安や恐れであるため結局一緒でまた同じ黒を掘っていくと。 確かにそうだと思いました。黒パターンで生きていた時の私がそうだったからです

本当の声

パターンの本当の声までなかなか耳が届かなかったりする。 語りかけをしていると、最初は腹立たしさや苛立ちから始まって、暫くすると悲しみや寂しさ、切なさというパターンの声が出てきたりする。 パターンの本当の声が聞けるまで随分時間がかかったなんて経験は幾度となくあって、それでも、本当の声を聞けた時はやっとパターンが救われたと安心感が生まれる。 日常生活でもきっとそうで、強がっていたり怒っているように見え

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com