• 渡邊 優

昨日から始まったセミナー1日目ですが、初日から内容が濃く、今朝から復習しています。

そして1日目のテーマが「洗脳からの自立」というものでした。


私たちは知らず知らずの内に洗脳されています。学校や社会などで、立派な大人、人間になりなさい、そう言われてきました。その立派の中には、賢く、朗らかで、誰にでも優しく、明るく、友人や家族を大事にし、ネガティブな部分はなく、考えない、他の役に立ち、困っている人がいたら自分を犠牲にしても助けられる、そんな素晴らしく、正しく善い人間、そうなる事が良いことと教わってきたのです。


また、お金があることは良いこと、地位も、名誉も、権威も、力も、上の人間である証であり、そこを目標にすることは当然のことだとも思っています。またそこから漏れた人間は負け組という言葉で表され、自分を卑下したりもします。しかしそれらは全て自分で考えたものではなく、誰か、もしくは社会の受け売りだったりします。

それは人間の心に根深く浸透し、強いパターンとなって自分を支配します。

いわゆる、自分で考えない人間を作ってきたということです。


そのような学校や社会からの洗脳から自由になり、ネガティブとは、他人とは、優しさとは、家族とは、力とは、そういうことを自分で考えて決めていき、自分の人生を生きていく。創造していく。それが、自分を生きるというものでした。


今日はこれから2日目が始まります。

引き続き、頭の先からつま先、魂までしっかり学んで、自分を成長させていこうと思います。

最新記事

すべて表示

昨日は皆さんの近況、私の近況を通して自分自身を開示し、そこから派生する新たな気づきや学びをしていました。 しかしこの「開示」というもの、普段の生活では滅多にお目にかかることはありません。 それはきっと、自分の内側を見せるということが「弱さや負け」という意味づけに繋がっているからだと思います。それは他人の内側を見たときに、無意識のうちに自分と比較して、自分の方が優っている、劣っていると解釈し、自分の

今日はこれから魂の道場、岩手グループ、沖縄グループ、茅ヶ崎グループ、また個人で道場に通っている方達が一同に会したセミナーがあります。 ここ何年かコロナウイルスの影響もあり、他のグループに出席して皆さんの顔見ることもありませんでしたが、本日やっと、皆さんの元気なお顔を拝見できます。 お会いしていなかった間、それぞれの時間をこの学びに費やし、色々な経験のもとで皆さんが学んできたかと思われると感慨深いも

一人になりたくない・・ という、もう遠い遠い前世から引き継いでいるような強固な黒パターンに語りかけ、そのパターンの中に浸っていると、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、という強い思いを感じます。 このパターンは、誰かに守られていたら、自分に自信を持てる、自分に価値も持てて、他人の目も気にせず、強い自己肯定感を持って生きていかれる。 だから、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、そう叫んで