top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日から始まったセミナー1日目ですが、初日から内容が濃く、今朝から復習しています。

そして1日目のテーマが「洗脳からの自立」というものでした。


私たちは知らず知らずの内に洗脳されています。学校や社会などで、立派な大人、人間になりなさい、そう言われてきました。その立派の中には、賢く、朗らかで、誰にでも優しく、明るく、友人や家族を大事にし、ネガティブな部分はなく、考えない、他の役に立ち、困っている人がいたら自分を犠牲にしても助けられる、そんな素晴らしく、正しく善い人間、そうなる事が良いことと教わってきたのです。


また、お金があることは良いこと、地位も、名誉も、権威も、力も、上の人間である証であり、そこを目標にすることは当然のことだとも思っています。またそこから漏れた人間は負け組という言葉で表され、自分を卑下したりもします。しかしそれらは全て自分で考えたものではなく、誰か、もしくは社会の受け売りだったりします。

それは人間の心に根深く浸透し、強いパターンとなって自分を支配します。

いわゆる、自分で考えない人間を作ってきたということです。


そのような学校や社会からの洗脳から自由になり、ネガティブとは、他人とは、優しさとは、家族とは、力とは、そういうことを自分で考えて決めていき、自分の人生を生きていく。創造していく。それが、自分を生きるというものでした。


今日はこれから2日目が始まります。

引き続き、頭の先からつま先、魂までしっかり学んで、自分を成長させていこうと思います。

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page