top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日から始まったセミナー1日目ですが、初日から内容が濃く、今朝から復習しています。

そして1日目のテーマが「洗脳からの自立」というものでした。


私たちは知らず知らずの内に洗脳されています。学校や社会などで、立派な大人、人間になりなさい、そう言われてきました。その立派の中には、賢く、朗らかで、誰にでも優しく、明るく、友人や家族を大事にし、ネガティブな部分はなく、考えない、他の役に立ち、困っている人がいたら自分を犠牲にしても助けられる、そんな素晴らしく、正しく善い人間、そうなる事が良いことと教わってきたのです。


また、お金があることは良いこと、地位も、名誉も、権威も、力も、上の人間である証であり、そこを目標にすることは当然のことだとも思っています。またそこから漏れた人間は負け組という言葉で表され、自分を卑下したりもします。しかしそれらは全て自分で考えたものではなく、誰か、もしくは社会の受け売りだったりします。

それは人間の心に根深く浸透し、強いパターンとなって自分を支配します。

いわゆる、自分で考えない人間を作ってきたということです。


そのような学校や社会からの洗脳から自由になり、ネガティブとは、他人とは、優しさとは、家族とは、力とは、そういうことを自分で考えて決めていき、自分の人生を生きていく。創造していく。それが、自分を生きるというものでした。


今日はこれから2日目が始まります。

引き続き、頭の先からつま先、魂までしっかり学んで、自分を成長させていこうと思います。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page