top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

責める中にも他人を責める、自分を責めると2通りあります。その中でも後悔や自責の念で自分を責めるとき、「もっとこうすれば良かった、もっとこうしてあげたかった、あんなことしなければ良かった」などと悔やみ、自分はダメだと己を責めます。


これは非常に苦しい。

過去の中に生きて自分を責め続ける。

酷いときは一生責め続ける。

重く、どんよりとした空気が自分を纏い、怒りや後悔や自責の念に苛まされ、自分を忌み嫌います。


どんな好きなことをしても、お酒を飲んでも、趣味に溺れても、それらは全てすり替えやごまかしであって、本質からは逃げられません。

きっとまた同じような問題につまづき、苦しみ、自分を傷つけながら歩いていくことになると思う。


そこから抜け出す唯一の方法は、そんな責めている、もしくは後悔している過去の自分を許すしかない。

自分を責めるのではなく、違う道があることに気づいて欲しい。

知り合いの苦しそうな姿を見ていてそんな風に思いました。



最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page