• 渡邊 優

責める中にも他人を責める、自分を責めると2通りあります。その中でも後悔や自責の念で自分を責めるとき、「もっとこうすれば良かった、もっとこうしてあげたかった、あんなことしなければ良かった」などと悔やみ、自分はダメだと己を責めます。


これは非常に苦しい。

過去の中に生きて自分を責め続ける。

酷いときは一生責め続ける。

重く、どんよりとした空気が自分を纏い、怒りや後悔や自責の念に苛まされ、自分を忌み嫌います。


どんな好きなことをしても、お酒を飲んでも、趣味に溺れても、それらは全てすり替えやごまかしであって、本質からは逃げられません。

きっとまた同じような問題につまづき、苦しみ、自分を傷つけながら歩いていくことになると思う。


そこから抜け出す唯一の方法は、そんな責めている、もしくは後悔している過去の自分を許すしかない。

自分を責めるのではなく、違う道があることに気づいて欲しい。

知り合いの苦しそうな姿を見ていてそんな風に思いました。



最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。