top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先週末は魂の道場、岩手、茅ヶ崎の合同会に参加しました。

一昨年に、一度岩手のセミナーにはお邪魔したことがあるのですが、皆さん元気そうで何よりでした。


そして総勢12名、自己紹介がてらそれぞれが今向き合いあっている自らの課題を開示し、これからの向き合い方や、白パターンについて話し合い、とても内容が濃く、自己紹介の範疇を遥かに超えて、お互いに大きな学びとなる内容でした。そこでは同じようなパターンを話したり、新たなパターンに気づいたりと、同じ志を持っている者同士だからこそ分かり合える苦しみであったりと、そういったところまで踏み込んで話し合えていることが素晴らしいと感じました。


私としても、発表直前には「他人の評価が怖い」というパターンが騒ぎ、「もう他人の評価を気にして自分を苦しめるのはやめよう」の白パターンを思い出すという訓練にもなりました。


準備から進行まで一手に引き受けて下さった茅ヶ崎グループのMさん。岩手グループのMさん、本当にご苦労様でした。次回、何か手伝えることがあればなんでも仰ってください。


本当にありがとうございました。

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page