top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先週末は魂の道場、岩手、茅ヶ崎の合同会に参加しました。

一昨年に、一度岩手のセミナーにはお邪魔したことがあるのですが、皆さん元気そうで何よりでした。


そして総勢12名、自己紹介がてらそれぞれが今向き合いあっている自らの課題を開示し、これからの向き合い方や、白パターンについて話し合い、とても内容が濃く、自己紹介の範疇を遥かに超えて、お互いに大きな学びとなる内容でした。そこでは同じようなパターンを話したり、新たなパターンに気づいたりと、同じ志を持っている者同士だからこそ分かり合える苦しみであったりと、そういったところまで踏み込んで話し合えていることが素晴らしいと感じました。


私としても、発表直前には「他人の評価が怖い」というパターンが騒ぎ、「もう他人の評価を気にして自分を苦しめるのはやめよう」の白パターンを思い出すという訓練にもなりました。


準備から進行まで一手に引き受けて下さった茅ヶ崎グループのMさん。岩手グループのMさん、本当にご苦労様でした。次回、何か手伝えることがあればなんでも仰ってください。


本当にありがとうございました。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page