• 渡邊 優

昨日は茅ヶ崎グループの勉強会でした。

そして今回はCOVID 19の影響も考慮してオンラインでの勉強会となったのです。


しかしZOOMが不調で、2名(私も・・・)が音声が出ない等々と不具合があり、急遽Google Meetへ変更。そこは流石ファインプレーとしか言いようがない準備がMさんのファシリテーターにはレールが引かれていたのです。

そんなオンラインの問題もなんのその!

予定通り軽快に進む勉強会には、皆んなの軽やかさが反映されているようでした。


毎日毎日、感染者何人!と言われている世の中で、軽快に自身の学びを遂行している仲間たちからは胸のすくような軽やかさをいただきました。

この深刻にならない軽やかさは今の時代にとても大切なことだと思います。


そうかそうかと受け止めながらも深刻にならない懐の深さは強さでもあり、真の強さを鍛えてきたからこその賜物だと思いました。


少しづつでもこういった軽いエネルギーが世界に充満していけたらいいと思います。


しかし今年は暑い。うだるような暑さが続きますが熱中症には十分注意してください。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で