top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近自分のことを見て、考えていると、自分、創造性に乏しいのではないか?と考えるようになりました。創造性を養うために、バレエに通ったりしている訳ですが、創造性という自己表現を意識してバレエをしたこともなく、来週からのバレエは、自己表現というのを一つ意識してみようと思います。


そして人前で話すことも、こうして文字に起こすことも一つの自己表現ですが、他人の自己表現を見て、いいな〜、すごいな〜、羨ましいな〜と、素直に思う時もある。

でも、自分にそれがないからといって悲観する訳でもなく、ないなら鍛えてもいいんじゃないか?と思うようになりました。


創造性という自己表現なので、これが正しい、ということもないのだとは思うけど、基本の基はきっと必要で、そこはバレエを通して意識的に学んでみようと思う。


沢山の情報と効率化という世界にどっぷり浸かってきた私ですが、これからは個の時代。

おそらく、個人の創造力が大事になってくるのだと思うのでした。


まずはやってみよう。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page