top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

この週末は怒涛のような練習問題の連続でした。

「舐められたくない」という黒パターンに対しての、舐められたと思うような体験です。

最初の1回は、舐められたと決めつけるのはやめよう、をスムーズに選べて、順調だと思っていたのも束の間、2度3度と立て続けにやってくると、こんちくしょう!わざとやってんのか!チッ!ムカっ!っと大変ご立腹。。。それがダメ、というわけではないんだけど、完全にあちら側に行ってしまいました。そう、慣れきっている黒の世界に・・


家に帰ってきてから改めて白黒ワークをして、選び替えをしました。

しかし、これが重要だと思っています。

その場で上手くできなくても、またやり直せばいい。

何回でも何回でもやり直して、自分の体に染み込ませていく。

そうやって新たなものを自分に馴染ませていく事が、大事だと思っています。


しかし不思議です。これを選ぼうと意識していると、立て続けにそのような場面が用意される。

もしくはパターンが敏感になるのか・・その両方かもしれませんね。


いずれにしても練習問題は続くのです。

これも実は、ありがたいこと。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page