• 渡邊 優

触れられたくないこと。私の場合、自分のパターンです。

それは、自分をまるで裁かれているみたいで、ダメだしされているみたいで、責められているみたいで、弱さをさらけ出しているみたいだし、自信もなくして、自分に価値がないようだから。

だからあれこれ言われたくない、言ってくれるな、触れてくれるな。

それはまるで自分の弱点のように、一番弱いところのように、そこに触れられたくないと。


しかし、やはり、そこにスポットを当てないとパターンは救えないし救われない・・・

その見たくない、見られたくない部分を見過ごすことなく、私が成長することも、楽になることもないのだと思いました。


触れられたくないと言っているのはきっと私のプライドなのでしょう。

自分にダメなところはない、自分は大丈夫。何となくですが、そんなパターンの声が聞こえてきます。

自己肯定感を持っていたいのだと思います。


しかし、大事なことは、自己肯定感でも、自己否定でもない、現実の自分の持つパターンを知ること。

己を知ること。それは可も不可もないそのままの自分を知り、そこからしか前に進めないのだと思う。経験上、正しくそう思うのです。


そんなパターン達に、今日も寛大な気持ちで触れていこうと思います。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価