top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

触れられたくないこと。私の場合、自分のパターンです。

それは、自分をまるで裁かれているみたいで、ダメだしされているみたいで、責められているみたいで、弱さをさらけ出しているみたいだし、自信もなくして、自分に価値がないようだから。

だからあれこれ言われたくない、言ってくれるな、触れてくれるな。

それはまるで自分の弱点のように、一番弱いところのように、そこに触れられたくないと。


しかし、やはり、そこにスポットを当てないとパターンは救えないし救われない・・・

その見たくない、見られたくない部分を見過ごすことなく、私が成長することも、楽になることもないのだと思いました。


触れられたくないと言っているのはきっと私のプライドなのでしょう。

自分にダメなところはない、自分は大丈夫。何となくですが、そんなパターンの声が聞こえてきます。

自己肯定感を持っていたいのだと思います。


しかし、大事なことは、自己肯定感でも、自己否定でもない、現実の自分の持つパターンを知ること。

己を知ること。それは可も不可もないそのままの自分を知り、そこからしか前に進めないのだと思う。経験上、正しくそう思うのです。


そんなパターン達に、今日も寛大な気持ちで触れていこうと思います。

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page