• 渡邊 優

触れられたくないこと。私の場合、自分のパターンです。

それは、自分をまるで裁かれているみたいで、ダメだしされているみたいで、責められているみたいで、弱さをさらけ出しているみたいだし、自信もなくして、自分に価値がないようだから。

だからあれこれ言われたくない、言ってくれるな、触れてくれるな。

それはまるで自分の弱点のように、一番弱いところのように、そこに触れられたくないと。


しかし、やはり、そこにスポットを当てないとパターンは救えないし救われない・・・

その見たくない、見られたくない部分を見過ごすことなく、私が成長することも、楽になることもないのだと思いました。


触れられたくないと言っているのはきっと私のプライドなのでしょう。

自分にダメなところはない、自分は大丈夫。何となくですが、そんなパターンの声が聞こえてきます。

自己肯定感を持っていたいのだと思います。


しかし、大事なことは、自己肯定感でも、自己否定でもない、現実の自分の持つパターンを知ること。

己を知ること。それは可も不可もないそのままの自分を知り、そこからしか前に進めないのだと思う。経験上、正しくそう思うのです。


そんなパターン達に、今日も寛大な気持ちで触れていこうと思います。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。