top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日の勉強会は、個人的に非常に身になった勉強会でした。


今回の勉強会では、私からのリクエストとして「自他への尊厳」というワークをやらせてもらいました。なぜこのワークを選んだかというと、このワークは前回のセミナーで体験したワークですが、「これはとても大事なことだ・・・」と、直感的にそう思ったからです。


今まで私は自分のことばかりに目がいき、他人の持つ本当の痛みや苦しさ、辛さや悲しみという、誰もが経験し、持っている感情を理解してこなかったのです。そして他人も自分と同じように誰かを愛し、そして愛され、誰かにとって大切な人であり、一人の人間としての尊厳を持っている。そういったことも、「自分と同じように」は感じてはいなかったのです。


ひとこと、未熟と言ってしまえばそれまでですが、本当の意味で、他人を理解するのは難しい・・

自分自身ですら、自分というものを理解していなかったのですから。。


まずは自分(パターンのケア)、そして自分のための実践、それから他へ意識が向いていく。これが道理であり、スキップすることができないもどかしさでもあると思います。


しかし、自分に向けられる愛があるからこそ、他へ向けられる視線も変わってくる。そんな風にも思いました。



最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page