top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンが言ってもらいたかったことを、今一つ一つ書き出しています。

認められたい、愛されたい、大切にされたい、理解されたい、守ってもらいたい、そんな私の根底にあるパターンの本当の思い。心の叫びとも似たような本当に掛けてもらいたかった言葉の数々です。


その言葉の数々を読み上げた時、どっと涙が溢れてきました。きっとパターンは、両親にその言葉の数々を言ってもらいたかったんだなと思ったんです。


普段の生活の中で、何かがあったときにパターンが騒ぐということはごくごく普通にあります。

しかし、その裏に隠されているパターンの本当の思いに気づくことは稀かもしれません。


誰かに認められなかったとき、蔑ろにされたとき、何だか大切にされていない気がする、尊重されていない気がする、そう思うのはきっと、その相手にそうして欲しかった訳ではないのかもしれません。

たまたまその相手が目の前に居ただけで、パターンの本質は、本当はそれを両親から貰いたかった。

しかし貰えなかった。だからその代替えを外に求めてしまった。ただそれだけだったのです。

私の場合はですが、、、


パターンの本当の思いに気づけたこと、それは私にとってはとても大切なことで、かけがえのないことです。そんなパターンの一つ一つの思いを大切にしながら、統合していきたいと思いました。

そのままでいいと。

最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page