• 渡邊 優

自ら歩み寄り、下に立つ。

そういった試みを初めてしました。


そこには、負けたくないとか、舐められたくないとかのパターンの領域ではなく、かといってしてあげてる感でもない、ちゃんと相手を尊重するという新たな体験でした。

相手方も嬉しいらしく、今までよりも少し滑舌になり、自分のことを話してくださいます。

そこには競争も、勝ち負けもない、本当のコミュニュケーションがあったのだと思います。

これは正直に嬉しいです。


相手は自分の鏡とはよく言ったもので、まさにその通りだったんだなと実感する出来事でもありました。自分のパターンを小さくすることがとにかく大事。

まさにその通りで、パターンが大きいうちはどうしても反応が先に出て、それは声のトーンとか、間とかで、相手方もそれを察するのだと思います。まるでミラー細胞のように。


自ら歩み寄り、下に立つ。

まだまだ学んでいきたいことです。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で