• 渡邊 優

男性が奥さん、もしくは彼女に母親を求めるという話を聞いたことがあります。

これ、今まさに私が向き合っているパターンがそうで、愛されたい、大切にされたい、理解されたい、認められたいなど、この総体が大きな依存しとして母を求めるパターンとなり、妻や彼女に母親の陰影を求めているのだと思いました。


これは最近気づいたのですが、この依存は本当にまずいと思います。本来の二人の関係は、お互いを通して成長するものであったり、協力して生きていくことだったりするのですが、この依存があるとどうしても思い通りの相手(母親のような無償の愛をくれる)を求めてしまい、本来の関係性が築けなくなります。相手に精神的に求めるものが多くなり、こうあって欲しい、こう言って欲しい、ちゃんと分かって欲しいと、自分のことばかりにり注意が向いて、相手を尊重することを忘れてしまいます。なぜなら依存には、自分というものが中心になり、自分以外を理解したり、受け止めたり、力になることが出来ないからだと思いました。


今回は何日間か徹底的に考えて、自分の依存の本質というものを見てきました。

そして本当の私はどうありたいのかも。


私自信、自分の足で立つことは勿論ですが、彼女のこともちゃんと理解していきたいし、受け止めていきたい。そう思うのです。そしてお互いを通して成長していきたいと。それには、私がちゃんとしたリーダーシップを持っていなければとも思いました。


最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側