top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

男性が奥さん、もしくは彼女に母親を求めるという話を聞いたことがあります。

これ、今まさに私が向き合っているパターンがそうで、愛されたい、大切にされたい、理解されたい、認められたいなど、この総体が大きな依存しとして母を求めるパターンとなり、妻や彼女に母親の陰影を求めているのだと思いました。


これは最近気づいたのですが、この依存は本当にまずいと思います。本来の二人の関係は、お互いを通して成長するものであったり、協力して生きていくことだったりするのですが、この依存があるとどうしても思い通りの相手(母親のような無償の愛をくれる)を求めてしまい、本来の関係性が築けなくなります。相手に精神的に求めるものが多くなり、こうあって欲しい、こう言って欲しい、ちゃんと分かって欲しいと、自分のことばかりにり注意が向いて、相手を尊重することを忘れてしまいます。なぜなら依存には、自分というものが中心になり、自分以外を理解したり、受け止めたり、力になることが出来ないからだと思いました。


今回は何日間か徹底的に考えて、自分の依存の本質というものを見てきました。

そして本当の私はどうありたいのかも。


私自信、自分の足で立つことは勿論ですが、彼女のこともちゃんと理解していきたいし、受け止めていきたい。そう思うのです。そしてお互いを通して成長していきたいと。それには、私がちゃんとしたリーダーシップを持っていなければとも思いました。


最新記事

すべて表示

誰かの言動に引っ掛かり、パターンが騒ぐ時、相手の中に自分を見ている気がします。 同じパターンを持つ相手に、自分を見ている気がするんです。そう思った時、この相手が何だかわかる気がしました。他人は自分の鏡とはこういうことかもしれません。不思議な感覚でした。 他人を通して自分を知り、自分と他人への理解も深まるのです。 相手を知り、理解することができるのも、黒パターンのお陰だと思いました。 そうやって相手

自分はダメだ、というパターン。これは本当に根深いのだなと、自分を見ていて思います。 このパターンに飲まれると、自分に嫌悪感や罪悪感を感じて、居ても立ってもいられない苦しさがあります。ダメな自分に恥も感じますし、穴があったら入りたい気持ちにもなります。 それほどこのパターンは自分を苦しめ、痛めつけるのだと思いました。だからこそ、丁寧なケアが必要だと思います。 きっとダメではない自分というのは、誰にで

先日予定しておりました「自分でできる心のケア講座」ですが、台風による欠席多数のため中止とさせていただきました。楽しみにしていただいた方、また直接会場にきていただいた方、大変申し訳ございませんでした。 次回開催の際には改めてお知らせいたします。 また前回メールを頂いた方には次回開催が決まり次第お知らせのメールをいたします。 この度は申し込みいただきましてありがとうございました。 皆様の心の健康作りを

bottom of page