top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

以前「今でしょ!」の林先生のテレビを見ていて、林先生がこんなことを言っていました。

嫌ならやめなさい、勉強は贅沢なんだから、と。


世界中には勉強したくても家が貧しいから働かなきゃいけない人が沢山います。

にも関わらず、授業を受けられるだけのお金があって、そんな恵まれた環境にある。なのにやる気にならない、やらない。その自分がいかに恵まれているかも分からない人間が勉強したって意味ないだろ、だったらやめなさい。


大体こんな内容だったと思います。

そう、今こうして学べるのは普通でもなんでもなく、贅沢なことだったんです。

日常にいると、いかに自分が恵まれているのか分からなくなります。それはきっと、他人と比べたり、被害者を意識を持っているせいだと思います。そこはそれで、しっかりケアした方がいいです。


そして林先生の言うように、学べるということは贅沢だったんです。

この贅沢を無駄にせず、今をしっかり学び切ろうと思います。

学ぶということは、それだけ奥が深く、今学ぶことができない人の分まで学ぶ、責任ある行為なのだと思いました。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page