• 渡邊 優

嫌われる勇気か・・・

嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。それほど、嫌われるということに対しての耐性がないのだと思いました。


なぜこんなことを思ったのかというと、ライジングサンという自衛隊の漫画を読んでいて、自衛隊の班長や教官は、部下に対して必要以上に厳しくするそうです。

その動機として、部下に厳しくした分だけ、その隊員が戦地や災害派遣の現場で命が助かる確率が上がるから、というものでした。そのためだったらいくらでも嫌われ者でも、憎まれ役にでもなると。


自衛隊のような命のやりとりをする現場では特別だとは思いますが、それでも人を預かり、育てるというのは、それほどまでの覚悟と勇気が必要なのかと圧倒されました。


今まで散々黒パターンで生きてきたので、愛されること、認められること、大切にされること、自分の価値を証明すること、いわゆる、チヤホヤされることや優越感を感じること、そこに価値があり、それを求めていた自分がちょっと恥ずかしく感じました。


自分もそういったガチの気概を持てるようになりたいし、嫌われてでも、何かに本気でありたい。

そのためにはどうあるべきか。今一度考えてみる必要がありそうです。



最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実