top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今、語りかけを3つほど行っています。

先日のセミナーで気付かされ、自分では見れていなかったパターンです。

このパターンに対して、ゆっくり、丁寧に、語りかけをしています。

目に涙を溜め、うるうるすることもあれば、胸にジーンと響く時もあり、その時々で感覚は違いますが、確実に届いている。私の理解や共感、慈悲というものがきっとパターンに感動を与えているのだと思います。


思い返すと今までどれほどの語りかけをしたのだろう?

数え切れないほどしてきたはず。それでも、基本に返ることの大切さを今実感しています。

それは、今までやってきて良かったというものです。

やってこないと、基本に立ち返ることもできませんし、最初の頃のように、本当にこれで楽になれるのだろうか?と戸惑うだけかもしれない。

それほど、やらないと分からないことであり、体験でしか、自分を納得させられないのだと思います。


基本に帰って、またパターンとともに体験していく。

これも、改めての良い体験だと思います。

そんな大切な体験です。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page