top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

気候変動にまつわる、不都合な真実という映画を観ました。

といのも私は、サーフィンや釣りをするので水温の変化に敏感なのですが、こんなに暖かい冬の海は初めだったからです。


どれくらい暖かいかといえば、半袖のウェットスーツで入れるほど、海水温が高い。

海水温度は18度以上。

気持ちが悪いほど高いんです。

普段はこの時期に海に浸かると、かき氷を食べた後のように頭がキーンと痛いくなるのですが、そんな気配は全くありません。


地球温暖化は20年以上前から言われてきましたが、近年、この地球にその症状が現れてきている気がします。

そんな気になったものですから、不都合な真実という映画を観てみました。

そうしたらなんと、本当に不都合な現実がそこには映っていました。

信じられない速さで溶ける氷床、山火事。

しかも溶解した氷床の下にある資源(石油、ガス、レアアース、ダイアモンド)を取り合う各国の対応を観ると、何ともやるせない気持ちになります。ここまできても人間は愚かなんだと。


そして、自分にも出来ることを調べてみると、日本の二酸化炭素排出量の主な原因は火力発電。電気を使わない、ということになります。節電か。


何でもそうですが、症状が現れてから悪化するのにそう時間はかかりません。

これも私たち人間が、豊かさを優先してきた原因と結果の法則なのだと思いました。


何が起こっても受け止め、対処出来る自分であろう。そして、もう自分本位の在り方はやめよう。そう思いました。


もう今までの在り方ではダメだと、そんな警笛を地球から鳴らされている気がします。






最新記事

すべて表示

魅了されている・・

自己の執着の源を発見するに従って、私たちは自分自身に魅了されているという、極めて重要な驚くべき発見にいたります。 私、真実と主観性より これを読んだ時、自分のパターンそのままだと思いました。 すごいと思われたい、負けたくない、自分は正しい、自分の方が上、思い通りじゃなきゃ嫌だ、全て自分に魅了されている言動です。まるで世界が自分中心で回っているかのよう!現実はそうではないのにです。実際は負けることも

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

Yorumlar


Yorumlara kapatıldı.
bottom of page