先日、シンソウ坂上でガクトのスペシャルを見ました。

厳しいプロの世界を垣間見た気がします。

ハードなトレーニングにプロとしての姿勢、何のために?と自問自答し、ファンのためにやっている、今の自分がいるのはファンがいたからこその自分だと、だからこそ最後尾のファンにまで感動を届ける。そんなガクトの本気の姿勢は、見るものに感動や勇気を与えているのだと思いました。


当然それだけハードな現場では、出来ない者、ついてこれない者も出てきます。

その時のガクトの言葉はこうでした。

ついて来れないものもいる、その時は切る。

僕らは引きずって歩くわけにはいかない。

それがプロの世界だと。


これは私たち一人一人の人生にも共通するものがあり、誰の人生も一度きり、だからこそ本気で生きて、自分の人生に本気で取り組むべきなんだと思いました。

諦めることもあり、粘り強く頑張ることもあり、その一つ一つを最後までやり切り、後悔ないと自分自身に言い切れるまで頑張り通す。生きるとはそういうことだと、そんな人生に対する熱い想いを教えられた気がします。


一度きりの人生、やるからにはとことんやってみよう!



最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ