• 渡邊 優

先日、シンソウ坂上でガクトのスペシャルを見ました。

厳しいプロの世界を垣間見た気がします。

ハードなトレーニングにプロとしての姿勢、何のために?と自問自答し、ファンのためにやっている、今の自分がいるのはファンがいたからこその自分だと、だからこそ最後尾のファンにまで感動を届ける。そんなガクトの本気の姿勢は、見るものに感動や勇気を与えているのだと思いました。


当然それだけハードな現場では、出来ない者、ついてこれない者も出てきます。

その時のガクトの言葉はこうでした。

ついて来れないものもいる、その時は切る。

僕らは引きずって歩くわけにはいかない。

それがプロの世界だと。


これは私たち一人一人の人生にも共通するものがあり、誰の人生も一度きり、だからこそ本気で生きて、自分の人生に本気で取り組むべきなんだと思いました。

諦めることもあり、粘り強く頑張ることもあり、その一つ一つを最後までやり切り、後悔ないと自分自身に言い切れるまで頑張り通す。生きるとはそういうことだと、そんな人生に対する熱い想いを教えられた気がします。


一度きりの人生、やるからにはとことんやってみよう!



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で