top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日、シンソウ坂上でガクトのスペシャルを見ました。

厳しいプロの世界を垣間見た気がします。

ハードなトレーニングにプロとしての姿勢、何のために?と自問自答し、ファンのためにやっている、今の自分がいるのはファンがいたからこその自分だと、だからこそ最後尾のファンにまで感動を届ける。そんなガクトの本気の姿勢は、見るものに感動や勇気を与えているのだと思いました。


当然それだけハードな現場では、出来ない者、ついてこれない者も出てきます。

その時のガクトの言葉はこうでした。

ついて来れないものもいる、その時は切る。

僕らは引きずって歩くわけにはいかない。

それがプロの世界だと。


これは私たち一人一人の人生にも共通するものがあり、誰の人生も一度きり、だからこそ本気で生きて、自分の人生に本気で取り組むべきなんだと思いました。

諦めることもあり、粘り強く頑張ることもあり、その一つ一つを最後までやり切り、後悔ないと自分自身に言い切れるまで頑張り通す。生きるとはそういうことだと、そんな人生に対する熱い想いを教えられた気がします。


一度きりの人生、やるからにはとことんやってみよう!



最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


bottom of page