• 渡邊 優

今年の猛暑はどうやら災害級らしい・・・

ここ近年両親と行っているお墓参りももう少し涼しくなってから行こうと決めました。


お盆でのお墓参りも、先祖へのお祈りはやっぱり感謝がベースになるのだと思う。

今こうして存在していられるのもご先祖様あっての賜物。

私のお爺さんが亡くなった時に初めて自分は一人じゃなかったんだと実感しました。

そして気付いたら悲しみではない涙が溢れていました。感謝の涙。


それまでは自分一人の力で生きて来たと思っていた。誰の力も借りずに。

しかし、おじいちゃんが亡くなったことでその時初めて気付いたのです。

今は亡きおじいちゃんおばあちゃんに暖かく見守られて、支えられて、何をやっても許されて、そうやってずーっと生かしてもらって来たんだと初めて実感したのです。


命のリレーはすごい。いなくなる事で大切なことに気付かせ、伝えていく。

そんな沢山のご先祖様に感謝をしながら、お祈りを捧げて行こうと思います。


本当にありがとうって。

最新記事

すべて表示

責任

先日の茅ヶ崎セミナーで、カウンセラー仲間のMさんからこんなことを学びました。それは、黒パターンを放っておくと意味付けが変わらないままなので、そこをどんどん掘っていってしまう。白パターンを選ばない限り同じ意味づけのまま思考停止状態に陥る。また新たなものに変えても、動機が不安や恐れであるため結局一緒でまた同じ黒を掘っていくと。 確かにそうだと思いました。黒パターンで生きていた時の私がそうだったからです

本当の声

パターンの本当の声までなかなか耳が届かなかったりする。 語りかけをしていると、最初は腹立たしさや苛立ちから始まって、暫くすると悲しみや寂しさ、切なさというパターンの声が出てきたりする。 パターンの本当の声が聞けるまで随分時間がかかったなんて経験は幾度となくあって、それでも、本当の声を聞けた時はやっとパターンが救われたと安心感が生まれる。 日常生活でもきっとそうで、強がっていたり怒っているように見え

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com