top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今年の猛暑はどうやら災害級らしい・・・

ここ近年両親と行っているお墓参りももう少し涼しくなってから行こうと決めました。


お盆でのお墓参りも、先祖へのお祈りはやっぱり感謝がベースになるのだと思う。

今こうして存在していられるのもご先祖様あっての賜物。

私のお爺さんが亡くなった時に初めて自分は一人じゃなかったんだと実感しました。

そして気付いたら悲しみではない涙が溢れていました。感謝の涙。


それまでは自分一人の力で生きて来たと思っていた。誰の力も借りずに。

しかし、おじいちゃんが亡くなったことでその時初めて気付いたのです。

今は亡きおじいちゃんおばあちゃんに暖かく見守られて、支えられて、何をやっても許されて、そうやってずーっと生かしてもらって来たんだと初めて実感したのです。


命のリレーはすごい。いなくなる事で大切なことに気付かせ、伝えていく。

そんな沢山のご先祖様に感謝をしながら、お祈りを捧げて行こうと思います。


本当にありがとうって。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page