• 渡邊 優

毎日、伊勢白山道のブログを読んでいます。

その文末に、生かして頂いて有難うございます。という感謝の言葉が添えられています。

この感謝の言葉がすごくよくて、こちらまで有難うございます。という気持ちにさせられます。

きっとこの感謝は、自然であったり、自分自身(内在神)にであったり、周りの家族や関係者であったりするんだろうと思います。


この感謝の気持ち。以前の私には想像がつきませんでした。え?誰に感謝するの?と・・・

それほどまでに毎日が一杯一杯で、自分のことばかりに必死だったのです。

自己中心性も一際強く、まずは自分、自分と、周りに感謝をするどころか、とにかく自分の思い通りにしようと必死になっていたのを思い出します。

(思い通りにならのいのでストレスも苛立ちもマックスでしたが!笑)


自分を知り、自分を許し、受け入れ、(パターンを許し受け入れ)ていくと、自然と感謝の気持ちが湧いてくるのを感じました。

そこには当時は見えていなかった、自分があらゆる物から生かされていることに気がついたんです。

当たり前にある、命を頂く食物であったり、力を貸してくれる人であったり、話を聞いてくれる人であったり、育ててくれた両親であったり、見えない偶然や導きであったりしました。

そしてまた感謝の気持ちが強くなっていきました。


この感謝の気持ちは本当に人を優しく、温和にしてくれます。救われるような、心が軽くなるのを感じます。

それほど、感謝というものが大切なことに気づかされたのです。


毎日を大切にしながら、今日も明日も、精一杯感謝をして生きていきましょう。

生かしていただいて有難うございます。



最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側