• 渡邊 優

毎日、伊勢白山道のブログを読んでいます。

その文末に、生かして頂いて有難うございます。という感謝の言葉が添えられています。

この感謝の言葉がすごくよくて、こちらまで有難うございます。という気持ちにさせられます。

きっとこの感謝は、自然であったり、自分自身(内在神)にであったり、周りの家族や関係者であったりするんだろうと思います。


この感謝の気持ち。以前の私には想像がつきませんでした。え?誰に感謝するの?と・・・

それほどまでに毎日が一杯一杯で、自分のことばかりに必死だったのです。

自己中心性も一際強く、まずは自分、自分と、周りに感謝をするどころか、とにかく自分の思い通りにしようと必死になっていたのを思い出します。

(思い通りにならのいのでストレスも苛立ちもマックスでしたが!笑)


自分を知り、自分を許し、受け入れ、(パターンを許し受け入れ)ていくと、自然と感謝の気持ちが湧いてくるのを感じました。

そこには当時は見えていなかった、自分があらゆる物から生かされていることに気がついたんです。

当たり前にある、命を頂く食物であったり、力を貸してくれる人であったり、話を聞いてくれる人であったり、育ててくれた両親であったり、見えない偶然や導きであったりしました。

そしてまた感謝の気持ちが強くなっていきました。


この感謝の気持ちは本当に人を優しく、温和にしてくれます。救われるような、心が軽くなるのを感じます。

それほど、感謝というものが大切なことに気づかされたのです。


毎日を大切にしながら、今日も明日も、精一杯感謝をして生きていきましょう。

生かしていただいて有難うございます。



最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ