• 渡邊 優

自分のパターンを見ていると「自分はダメだ」というパターンがちょくちょく顔を出すのがわかります。それは生まれや育ち、環境が悪かったから、性格も・・、過去の過ち、などなどの理由があり、そのパターンの延長線上には将来への希望や可能性を感じられなくなり、それでいて現状に対しても不満を感じる、そんな感覚のものがあります。

黒パターンはこのようにして、現実の世界をもその通りに作っているのが理解できます。


だからこその白パターン。

「もう自分をダメだと決め付けるのはやめよう。自分を苦しめるのはやめよう」

これを選びきり、実行することで人生が変わっていく。チャレンジをし易くする原動力にもなるだろうし、自分が描いていたハードルも低くなるかもしれない、そういった自分の中での変化は自身の可能性の広がりにも繋がる。そいった現実を変えていく力が白パターンにはある。


白パターンを実行することがどれほど大切なことかと改めて実感した次第でした。

流石に白パターンを選びたいよな。選んで実行したいよな。と強く実感するのでした。

最新記事

すべて表示

仕事です。

突然ですが、仕事が決まりました。 今日からです。内容は、介護施設を紹介する営業職の業務委託です。営業先は主に病院のようです。業務委託なので時間はフリー。やった分だけの成果報酬です。ですが、介護関係は全くの未経験であり、さっぱり内容がわからないので、数ヶ月間、上席の方に同行して仕事を覚えます。 茅ヶ崎に越してきたのが2013年の秋。約8年間と、随分と長い間仕事をしていない期間がありました。途中、兄の

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的