top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私は以前、他人から何かを頼まれると断ることが苦手でした。

良い人だと思われたい、嫌われたくない、波風を立てたくない、他人から受け入れられたい、大切にされたい、そのあたりのパターンが優先されて断らなかったのを覚えています。そして断らずに安請け合いをしていると、利用する人が寄ってきて、上手く使われることもありました。それは相手がずるいから、卑怯だからと考え、相手が悪くて自分は悪くないと思っていたのです。


しかし違っていました。

断らないでいると、「どうぞ自由に私を使ってください」というオーラを自ら発し、それを察知する人が自然と寄ってくるのです。自ら引き寄せていたのです。


パターンでいると前述のように保身の発想になりかねません。しかし、真に自分のことを思うのであれば、嫌なものは嫌、断るものは断る、そのように自分を表明することは大事だと思います。

それは自分のためでもあり、お互いのためにもなります。

なぜなら、ちゃんと断ることは自分を大切にすることですし、相手にも誠実です。

だから、断ることは大事なんです。


自他に誠実でありたい。

大事なことだと思うのでした。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comentarios


bottom of page