top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

〜成長とは、魅力ある人になること〜

先日、魂の道場で教えてもらったことです。


では魅力とはどんなものか?


多くの人間が、他人に受け入れられるために、社会人の記号であるスーツを纏うように、目には見えないプライドという鎧で自分を繕うようになる。

「魅力的になる、ということは大勢に受け入れられるようになること」

私は経験を通して、人生を通して、そんな風に考えるようになった。


嫌われたり、振られたり、馬鹿にされた経験があるならわかると思う。

もうあんな思いはごめんだ。

嫌われるのは怖い、振られるのは嫌だ、馬鹿にされるのは辛い、不安が私を取り囲み、こうして私は賢くなった。

相手に嫌われずに、顔色を伺い、遠慮して、自分が傷つきたくないことを相手のためだと自分に言い聞かせ、これらを優しさや魅力と勘違いし、こうして本当の自分からドンドン離れていく。


しかし、自分の真の魅力を引き出すには、「本当の自分とは何か?」と、自分という名の足元を堀り続けなければいけない。(自分を見続けて、白パターンを選び続けなければいけない)

たとえそれがどれだけ時間がかかろうと、他人からドン引きされようと、どれだけ努力が必要であってもだ。それは心を磨き上げ、強くし、綺麗に保つ。

そのような努力は決して自分を裏切らないし、きっと誰かの力になる。

そこに、その人の真の魅力が生まれる。


そんなことを考えさせられた、フックの効いた個人セッションでした。




最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page