• 渡邊 優

昨日は田舎の方まで少し遠出して田園風景を見てきました。

そして、今もですが、色々と考えています。この風景のように、今までいたところとは随分違う所に自分が来ていたんだな〜と考えていました。

コロナ禍において、沢山のストレス、不安、恐れ、そのせいで人々が変わってしまったと思っていたのですが、それ以上に、自分が変わっていたのだなと考えていました。


あの人がこう、この人がこう、国が悪い、政治が悪い、世の中が悪い、そういった他責の世界ではない所に自分がいる。何というか、一人の世界。

それは寂しいか?と聞かれたらほんの少し寂しい気もするけど、そうでもないような気もする。

それは落ち着いていて、静かで、だけど一人。いつもの家の風景も、匂いも、物質は何も変わっていないはずなのに、何かが違う。


感覚も、考え方も、受け止め方も、全てが変わってきている。

良いとか悪いは別として、それをちゃんと受け止められる自分でありたい。




最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側