• 渡邊 優

「許す」この許すという行為。何かを許そうなどと、今まで意識して使ってこなかった。と思いました。全ての自分を許すなど、一見簡単なようですが、めちゃ難しい。それほど自分をジャッジし、他もジャッジして生きていたのだと思います。


寧ろその逆、あんなことを言われて許さない、もしくはこんな自分じゃダメだ許せない、こちらの方がずっとずっと使ってきたと思います。そしてその感覚はしっかりと覚えていて、許さない、許せない状態というのはその物事に囚われて考え、ストレスを感じ、苛々して苦しく、辛いもの。感情的にも復讐心ややり場のない怒りを覚え、心身ともに疲弊する。これは非常に狂おしい状態でした。


しかしその逆の許しには、囚われた自分を自由にし、解放感を与え、勿論ストレスも感じず、軽やかでたおやかな自分へと、自然と誘っているようにも思います。


昔読んだ本にこんなことが書かれていました。「プラトンやソクラテスが唱えていた幸せの定義とは、真善美に触れている時、人間というのは幸せを感じる、そういうものだ。それが今では酒を飲んで皆と騒いだり、好きなことをすることが幸せだと勘違いしている。幸せとは個人的なものではないのだ」


真善美に触れている時、幸せを感じる。これは、分かる気がします。

きっと許しも、この真善美に間違いなく入っている、そんな気がしました。

最新記事

すべて表示

自信と強さ

相変わらず自立をテーマに毎日を生活しています。 自立するということは、一人で考えて、一人で決めて、一人で決めたことを行動に移す。そこからしか自分の中に根付く自信や、強さは育たないと思いました。そこには自分に対する責任や、引き受けていく強さや覚悟が必要になります。それが、自立につながるのだと思いました。 一人で考えて、決めて、行動することを、私はやっていきたいのだと思います。 それをすることによる本

リベンジならず

昨日の鰆はリベンジならずでした。 4人で行ったのですが誰も釣れず、自然相手の厳しさを目の当たりにしたのです。 それは、自然相手には全く思い通りにならないというものでした。人間相手には思い通りにならないとパターンは騒ぎますが、自然相手だと全く騒ぎません。なぜでしょう? 人間相手にパターンが騒ぐというのは、自分より下の人間に対して思っているのかも?と思いました。そして自然は自分よりも上だと思っているの

春真っ盛り

私にとって、今が春真っ盛りです。 なぜなら、花粉症だから・・・ もうこの花粉症とは長い付き合いで、発症したのが小学2年生の頃ですから既に40年になります。 この花粉症、本当に厄介で、今でこそ注射も薬もよく効くようになったので随分とマシにはなりましたが、昔の薬があまり効かなかった時代では、クシャミ、鼻水、目の痒みだけではなく、顔じゅうが痒く炎症も出てきて本当に春が嫌でしょうがなかったです。 しかし最

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com