• 渡邊 優

最近毎朝、自立をテーマにして祈りを捧げています。今日も一日自立を心がけますと。

自立というと、皆んな大人だから当然していると思われがちですが、ところがどっこい、そんな生易しいことではないのです。自立にはまず第一に、他人に依存しないというものがあります。

それは、自分のパターンを他人を使って満たさないというものです。

例えば、大切にされたい、認められたい、愛されたい、理解されたい、すごいと思われたい、といった他人からの評価や承認を求めないというものです。


私は知らず知らずのうちに他人からの評価や承認を糧にしていました。お金があれば他人から凄いと思われ、また認められると思っていましたし、立派(人格者)になることが他人から一目置かれる事だと思っていました。またそんな理想の自分を求めて奮起もしていました。しかしそれらは全て、他人からの承認と良い評価を求めていたことだったのです。それらを一切必要としない自分で決めていく世界。それが自立です。


そこにはきっと、他人からは全く理解されないことも多々出てくると思いますし、変なやつだとも思われることもあると思います。しかしそれでも、自分で考えて決め、行動していく世界。他人からの承認を一切必要としない、一人で歩いていく世界です。


そんな自立という新たな世界に向けて、今日も自分で選んでいきます。




最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。