• 渡邊 優

最近毎朝、自立をテーマにして祈りを捧げています。今日も一日自立を心がけますと。

自立というと、皆んな大人だから当然していると思われがちですが、ところがどっこい、そんな生易しいことではないのです。自立にはまず第一に、他人に依存しないというものがあります。

それは、自分のパターンを他人を使って満たさないというものです。

例えば、大切にされたい、認められたい、愛されたい、理解されたい、すごいと思われたい、といった他人からの評価や承認を求めないというものです。


私は知らず知らずのうちに他人からの評価や承認を糧にしていました。お金があれば他人から凄いと思われ、また認められると思っていましたし、立派(人格者)になることが他人から一目置かれる事だと思っていました。またそんな理想の自分を求めて奮起もしていました。しかしそれらは全て、他人からの承認と良い評価を求めていたことだったのです。それらを一切必要としない自分で決めていく世界。それが自立です。


そこにはきっと、他人からは全く理解されないことも多々出てくると思いますし、変なやつだとも思われることもあると思います。しかしそれでも、自分で考えて決め、行動していく世界。他人からの承認を一切必要としない、一人で歩いていく世界です。


そんな自立という新たな世界に向けて、今日も自分で選んでいきます。




最新記事

すべて表示

仕事です。

突然ですが、仕事が決まりました。 今日からです。内容は、介護施設を紹介する営業職の業務委託です。営業先は主に病院のようです。業務委託なので時間はフリー。やった分だけの成果報酬です。ですが、介護関係は全くの未経験であり、さっぱり内容がわからないので、数ヶ月間、上席の方に同行して仕事を覚えます。 茅ヶ崎に越してきたのが2013年の秋。約8年間と、随分と長い間仕事をしていない期間がありました。途中、兄の

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的