• 渡邊 優

この週末は「自分は一人では生きていけない」という自身のパターンについてじっくりと考えていました。パターンはなぜ、一人では生きていけないと思っているのか?最初に思ったことは、自分は一人では自分を支えられないし、自分は弱いからだというものでした。しかし、それらは一体、具体的にはどういう事なのか?ここを掘り下げてみたのです。

そうしたら出るは出るは……

自分は誰かに愛されないと安心感を持てないし、誰かに認められないと自分の価値を感じられないし、誰かに許して貰わないと自分を責めてしまう。というものでした。

パターンが求めていたのは自分に対する価値や安心感であったのです。自分で自分を支えられないということは、そういうことであったのだとやっと納得しました。


またこのようにして自分の表側の人生が形成されていたことにも気づきました。(自分が愛されため、認められるため、自分のための意図がある他との関わり)全てが自分の問題であったのです。もう随分そのように思っているつもりではありましたが、改めて気付かされたのです。


本来であれば私が全てのパターンを愛し、全てのパターンを認め、全てのパターンを許していれば、パターンは他へ依存することはなかったと思います。今回の出来事をきっかけに、しっかりと自分の人生を形成できるよう、依存や執着というものと向き合っていこうと思いました。

最新記事

すべて表示

自信と強さ

相変わらず自立をテーマに毎日を生活しています。 自立するということは、一人で考えて、一人で決めて、一人で決めたことを行動に移す。そこからしか自分の中に根付く自信や、強さは育たないと思いました。そこには自分に対する責任や、引き受けていく強さや覚悟が必要になります。それが、自立につながるのだと思いました。 一人で考えて、決めて、行動することを、私はやっていきたいのだと思います。 それをすることによる本

リベンジならず

昨日の鰆はリベンジならずでした。 4人で行ったのですが誰も釣れず、自然相手の厳しさを目の当たりにしたのです。 それは、自然相手には全く思い通りにならないというものでした。人間相手には思い通りにならないとパターンは騒ぎますが、自然相手だと全く騒ぎません。なぜでしょう? 人間相手にパターンが騒ぐというのは、自分より下の人間に対して思っているのかも?と思いました。そして自然は自分よりも上だと思っているの

春真っ盛り

私にとって、今が春真っ盛りです。 なぜなら、花粉症だから・・・ もうこの花粉症とは長い付き合いで、発症したのが小学2年生の頃ですから既に40年になります。 この花粉症、本当に厄介で、今でこそ注射も薬もよく効くようになったので随分とマシにはなりましたが、昔の薬があまり効かなかった時代では、クシャミ、鼻水、目の痒みだけではなく、顔じゅうが痒く炎症も出てきて本当に春が嫌でしょうがなかったです。 しかし最

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com