• 渡邊 優

この週末は「自分は一人では生きていけない」という自身のパターンについてじっくりと考えていました。パターンはなぜ、一人では生きていけないと思っているのか?最初に思ったことは、自分は一人では自分を支えられないし、自分は弱いからだというものでした。しかし、それらは一体、具体的にはどういう事なのか?ここを掘り下げてみたのです。

そうしたら出るは出るは……

自分は誰かに愛されないと安心感を持てないし、誰かに認められないと自分の価値を感じられないし、誰かに許して貰わないと自分を責めてしまう。というものでした。

パターンが求めていたのは自分に対する価値や安心感であったのです。自分で自分を支えられないということは、そういうことであったのだとやっと納得しました。


またこのようにして自分の表側の人生が形成されていたことにも気づきました。(自分が愛されため、認められるため、自分のための意図がある他との関わり)全てが自分の問題であったのです。もう随分そのように思っているつもりではありましたが、改めて気付かされたのです。


本来であれば私が全てのパターンを愛し、全てのパターンを認め、全てのパターンを許していれば、パターンは他へ依存することはなかったと思います。今回の出来事をきっかけに、しっかりと自分の人生を形成できるよう、依存や執着というものと向き合っていこうと思いました。

最新記事

すべて表示

自分で自分の機嫌をとる

みやぞんさんが、自分の機嫌は自分でとる。人にとってもらおうとしない。 そのようにロケ中に放ったと、ひろゆきの動画で聞きました。 以下はひろゆきの言っていたことですが。 「機嫌悪いのをお金を払って買い物をするとか、誰かに八つ当たりするとか、何か嫌なことがあってそれをぶつけて来るパートナーとか友達とか嫌じゃないですか。 自分の機嫌を自分で取れる方が人生楽だし、周りにも迷惑かけないからいいんじゃないでし

パターンとの関係

パターンに引っかかって、チッ、イラッ、(#`皿´) ムキーーーー!となって、そしていつものように語りかけのワークをして、それでも収まらない時は、意識的にパターンに時間を与えるという感覚で、一日時間を置いています。正確には、一晩寝ています。 この、時間を与えるというのが最近とても大事なことのように思うんです。 それは「怒りが収まるのには少し時間が必要だな。」と、パターンを理解して、一晩時間を与えます

散歩と読書と哲学

最近天気の良い日は海沿いの遊歩道を散歩して、公園の木陰で読書をしています。 そして最近ハマっている、世界は贈与で出来ている。著・近内悠太の哲学書の中で、哲学についてこんな一文がありました。 「哲学は結局のところ何をしているのか」という問いに、「哲学の生業は概念作りだ」と答えています。では、哲学は何のために概念を作るのか。答えは「人類の幸福な生存のため」です。 私は以前哲学というものは、何か高尚で、