top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

この週末は「自分は一人では生きていけない」という自身のパターンについてじっくりと考えていました。パターンはなぜ、一人では生きていけないと思っているのか?最初に思ったことは、自分は一人では自分を支えられないし、自分は弱いからだというものでした。しかし、それらは一体、具体的にはどういう事なのか?ここを掘り下げてみたのです。

そうしたら出るは出るは……

自分は誰かに愛されないと安心感を持てないし、誰かに認められないと自分の価値を感じられないし、誰かに許して貰わないと自分を責めてしまう。というものでした。

パターンが求めていたのは自分に対する価値や安心感であったのです。自分で自分を支えられないということは、そういうことであったのだとやっと納得しました。


またこのようにして自分の表側の人生が形成されていたことにも気づきました。(自分が愛されため、認められるため、自分のための意図がある他との関わり)全てが自分の問題であったのです。もう随分そのように思っているつもりではありましたが、改めて気付かされたのです。


本来であれば私が全てのパターンを愛し、全てのパターンを認め、全てのパターンを許していれば、パターンは他へ依存することはなかったと思います。今回の出来事をきっかけに、しっかりと自分の人生を形成できるよう、依存や執着というものと向き合っていこうと思いました。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page