• 渡邊 優

この週末は「自分は一人では生きていけない」という自身のパターンについてじっくりと考えていました。パターンはなぜ、一人では生きていけないと思っているのか?最初に思ったことは、自分は一人では自分を支えられないし、自分は弱いからだというものでした。しかし、それらは一体、具体的にはどういう事なのか?ここを掘り下げてみたのです。

そうしたら出るは出るは……

自分は誰かに愛されないと安心感を持てないし、誰かに認められないと自分の価値を感じられないし、誰かに許して貰わないと自分を責めてしまう。というものでした。

パターンが求めていたのは自分に対する価値や安心感であったのです。自分で自分を支えられないということは、そういうことであったのだとやっと納得しました。


またこのようにして自分の表側の人生が形成されていたことにも気づきました。(自分が愛されため、認められるため、自分のための意図がある他との関わり)全てが自分の問題であったのです。もう随分そのように思っているつもりではありましたが、改めて気付かされたのです。


本来であれば私が全てのパターンを愛し、全てのパターンを認め、全てのパターンを許していれば、パターンは他へ依存することはなかったと思います。今回の出来事をきっかけに、しっかりと自分の人生を形成できるよう、依存や執着というものと向き合っていこうと思いました。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。