• 渡邊 優

先日床屋さんにいってきました。

前回行った時は、「思い通りじゃなきゃいやだ!」のパターンが騒ぎ、そんなこともあったな〜と思い出しながらいってみました。


今回はというと、その辺りのパターンは全く騒がず、寧ろ私の希望をどんどん吸い取り、もうほとんどお任せでやってもらいました。

印象に残ったのは、その理髪師さんの笑顔!もう屈託のない楽しんで仕事をしている笑顔は周りを巻き込んで明るくし、その場がその人一人いるおかげで明るくて元気な職場になっていました。思わず、太陽みたいな人ですね!と言ってしまい、ご本人のも照れ臭そうにはにかんでいました。


肝心の散髪はいつもの3割増しで良い男にしてもらい(笑

大満足の床屋さんでした。そして何よりもあの太陽のような笑顔!あの笑顔と屈託のないおしゃべりで私まで元気をもらい、なんとも言えない気持ちの良い気分で散髪を終えることができたのです。


笑顔の力ってすごい!

最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問