top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日は久しぶりに湘南テラスモールへ買い物に出かけました。

お目当てのものは、パタゴニアのレトロX。去年も買いそびれ、今年こそは!と思いセレクトショップへ偵察に行ってきたのです。

冬物のアウターだから流石にまだ入荷されてないよな・・・と思い物色し始めたところで、レジ脇にズラリと並んでるではないですか!!

すかさず、「こ、これ、試着してもいいですか?」と慌てて店員さに聞くと「どうぞ〜、丁度昨日入荷したばかりなんですよ〜」と。そこには全色全サイズが揃っており、まずは定番の黒から、「う〜ん・・顔が黒いせいか何だか遊び呆けているサーファーみたいだ・・チャラいオヤジにしか見えない」

次はネイビー「う〜ん・・イマイチパッとしない。顔が黒いせいか余計老けて見える・・随分とオヤジになったものだな・・と店の中で哀愁に浸る」(多分哀愁オーラ出てた)

次はパープル、実は一番気になっていた色「う〜〜ん・・顔が黒いせいかうだつの上がらない場末のホストみたいだ。こういうホストいそうだな・・一番ないわ!」

最後はアイボリー「やっとまともだ!普通のオヤジになった!清潔感もあってよし!これにしよう!」

ここまでくるのに、あ〜でもない、こ〜でもないと、1時間ほど着まわしていました。


若い時はカッコつけ〜で、少しでもカッコよく見えるものが好きでしたが(どうよ俺感!)、この歳になって清潔感やシンプルさが大切になってきました。

年齢と共に好みというのも変わってくるものなんですね。

いい買い物でした。



最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page