• 渡邊 優

今日は久しぶりに湘南テラスモールへ買い物に出かけました。

お目当てのものは、パタゴニアのレトロX。去年も買いそびれ、今年こそは!と思いセレクトショップへ偵察に行ってきたのです。

冬物のアウターだから流石にまだ入荷されてないよな・・・と思い物色し始めたところで、レジ脇にズラリと並んでるではないですか!!

すかさず、「こ、これ、試着してもいいですか?」と慌てて店員さに聞くと「どうぞ〜、丁度昨日入荷したばかりなんですよ〜」と。そこには全色全サイズが揃っており、まずは定番の黒から、「う〜ん・・顔が黒いせいか何だか遊び呆けているサーファーみたいだ・・チャラいオヤジにしか見えない」

次はネイビー「う〜ん・・イマイチパッとしない。顔が黒いせいか余計老けて見える・・随分とオヤジになったものだな・・と店の中で哀愁に浸る」(多分哀愁オーラ出てた)

次はパープル、実は一番気になっていた色「う〜〜ん・・顔が黒いせいかうだつの上がらない場末のホストみたいだ。こういうホストいそうだな・・一番ないわ!」

最後はアイボリー「やっとまともだ!普通のオヤジになった!清潔感もあってよし!これにしよう!」

ここまでくるのに、あ〜でもない、こ〜でもないと、1時間ほど着まわしていました。


若い時はカッコつけ〜で、少しでもカッコよく見えるものが好きでしたが(どうよ俺感!)、この歳になって清潔感やシンプルさが大切になってきました。

年齢と共に好みというのも変わってくるものなんですね。

いい買い物でした。



最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ