• 渡邊 優

今日は久しぶりに湘南テラスモールへ買い物に出かけました。

お目当てのものは、パタゴニアのレトロX。去年も買いそびれ、今年こそは!と思いセレクトショップへ偵察に行ってきたのです。

冬物のアウターだから流石にまだ入荷されてないよな・・・と思い物色し始めたところで、レジ脇にズラリと並んでるではないですか!!

すかさず、「こ、これ、試着してもいいですか?」と慌てて店員さに聞くと「どうぞ〜、丁度昨日入荷したばかりなんですよ〜」と。そこには全色全サイズが揃っており、まずは定番の黒から、「う〜ん・・顔が黒いせいか何だか遊び呆けているサーファーみたいだ・・チャラいオヤジにしか見えない」

次はネイビー「う〜ん・・イマイチパッとしない。顔が黒いせいか余計老けて見える・・随分とオヤジになったものだな・・と店の中で哀愁に浸る」(多分哀愁オーラ出てた)

次はパープル、実は一番気になっていた色「う〜〜ん・・顔が黒いせいかうだつの上がらない場末のホストみたいだ。こういうホストいそうだな・・一番ないわ!」

最後はアイボリー「やっとまともだ!普通のオヤジになった!清潔感もあってよし!これにしよう!」

ここまでくるのに、あ〜でもない、こ〜でもないと、1時間ほど着まわしていました。


若い時はカッコつけ〜で、少しでもカッコよく見えるものが好きでしたが(どうよ俺感!)、この歳になって清潔感やシンプルさが大切になってきました。

年齢と共に好みというのも変わってくるものなんですね。

いい買い物でした。



最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側