top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日は久しぶりに湘南テラスモールへ買い物に出かけました。

お目当てのものは、パタゴニアのレトロX。去年も買いそびれ、今年こそは!と思いセレクトショップへ偵察に行ってきたのです。

冬物のアウターだから流石にまだ入荷されてないよな・・・と思い物色し始めたところで、レジ脇にズラリと並んでるではないですか!!

すかさず、「こ、これ、試着してもいいですか?」と慌てて店員さに聞くと「どうぞ〜、丁度昨日入荷したばかりなんですよ〜」と。そこには全色全サイズが揃っており、まずは定番の黒から、「う〜ん・・顔が黒いせいか何だか遊び呆けているサーファーみたいだ・・チャラいオヤジにしか見えない」

次はネイビー「う〜ん・・イマイチパッとしない。顔が黒いせいか余計老けて見える・・随分とオヤジになったものだな・・と店の中で哀愁に浸る」(多分哀愁オーラ出てた)

次はパープル、実は一番気になっていた色「う〜〜ん・・顔が黒いせいかうだつの上がらない場末のホストみたいだ。こういうホストいそうだな・・一番ないわ!」

最後はアイボリー「やっとまともだ!普通のオヤジになった!清潔感もあってよし!これにしよう!」

ここまでくるのに、あ〜でもない、こ〜でもないと、1時間ほど着まわしていました。


若い時はカッコつけ〜で、少しでもカッコよく見えるものが好きでしたが(どうよ俺感!)、この歳になって清潔感やシンプルさが大切になってきました。

年齢と共に好みというのも変わってくるものなんですね。

いい買い物でした。



最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page