top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

誰が喜んでいるのか、誰が聞いているのか。


先日のグループセミナーの際に、カウンセラーの岩崎マーガレット葉子さんが仰っていた言葉です。


ここ数日、この「誰が聞いているのか」を注意して自分の中を観察しています。

そうするとあらゆる場面で、認められたいというパターンや、負けたくない、理解されたい、愛されたいというパターンが喜んだり、満足したりしているのが、重さでわかります。


そうすると自分が発する言葉においても「動機」を注視するようになります。


逆に、本当の「私」が白を選び、実行し、やり切ったあとは、心地よい軽さと満足感を得られます。


ネガテイブな感情が湧くときだけではなく、会話の端々にパターンの存在を感じ、注力して見ていこうと思いました。


恐らくここに、新たな進化があるのかもしれない、そう思わせるほどの感覚です。


マーガレットさん、新たな課題をありがとうございます。





最新記事

すべて表示

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

自分が嫌い・・

自分が嫌いだというパターン。 もう随分前に語りかけていましたが、今改めて「自分のことが嫌なのか・・」と考えていました。そしてパターンは「自分が嫌い」なのだという思いに至りました。 何で嫌なのかと聞いてみると、弱いところも、バツが悪い自分を隠すところも、そうやって保身で生きているところも、堂々と出来ずに虚勢を張るところも、そんな自分がパターンは嫌なんです。 本当は堂々と生きたいし、自分に尊厳を持ちた

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page