• 渡邊 優

誰が喜んでいるのか、誰が聞いているのか。


先日のグループセミナーの際に、カウンセラーの岩崎マーガレット葉子さんが仰っていた言葉です。


ここ数日、この「誰が聞いているのか」を注意して自分の中を観察しています。

そうするとあらゆる場面で、認められたいというパターンや、負けたくない、理解されたい、愛されたいというパターンが喜んだり、満足したりしているのが、重さでわかります。


そうすると自分が発する言葉においても「動機」を注視するようになります。


逆に、本当の「私」が白を選び、実行し、やり切ったあとは、心地よい軽さと満足感を得られます。


ネガテイブな感情が湧くときだけではなく、会話の端々にパターンの存在を感じ、注力して見ていこうと思いました。


恐らくここに、新たな進化があるのかもしれない、そう思わせるほどの感覚です。


マーガレットさん、新たな課題をありがとうございます。





最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問