top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

言い方は大事だというパターン。

言い方で左右されるパターンが私にはあって、それはお願いの仕方、頼み方につながっていき、下手にお願いされれば引っかからないのですが、少しでも丁寧な物言いでないと腹を立てます。何か雑に扱われたような、軽く見られたような、そんな気がパターンはするのです。


ですが腰が低く、下から低姿勢でお願いされると、それはもうしょうがないと言わんばかりに快諾します。相手が低姿勢であればよしとし、そうではないと腹を立てる、まるで自分が上だと言わんばかりにです。これが、言い方で左右される私のパターンです。またこれは言い方に限らず態度もそうですね。

上からの物言いや態度に腹をたて、低姿勢な物言いや遜った態度には気持ちよさすら感じるのです。


これは一つの差別だと思いました。

言い方や態度で相手をジャッジし、自分中心でものごとを見ています。


この言い方に左右されるパターンですが、今の今までずっと当たり前だと思っていたので、暫くはワークを続けていこうと思います。


そしてこのパターンが静かになった時、何が見えて何を感じるのか、言い方に囚われない世界とはいったいどんな世界なのか、また新たな世界を体験すると思うとワクワクしますね。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page