• 渡邊 優

昨日は今年最後の茅ヶ崎グループの勉強会でした。

最後にふさわしい良い学びができました。得にパターンに対しての捉え方は、今一度腹に落とし込むには最高の学びとなりました。

「パターンはあって良いもの、それと共に生きて行かれればいい」

この言葉を仲間のMさんから聞いた時、スッと心が軽くなったのを覚えています。私の黒パターンは自分の中にあるドロドロしたパターンを恥ずかしいものと捉えがちです。それはドロドロしたものを他人に見られたとき、きっと白い目で見られたり引かれたりするだろう、ジャッジされるだろうとパターンは捉えているのです。そうすると勿論、自分の内面を隠したがるし、本心でものを言えなくもなります。しかし、「ドロドロしたパターンはあってよいもの、自分という人間の中には恥ずかしいところは何もない」こう捉えた時、救われたという気持ちは勿論のこと、誰にでもこれを持ってもらいたい、そんな風にも思いました。


人間とは弱い存在です。過ちも犯すし、間違いや失敗もします。いつでもどこでも完璧で正しい人間なんて存在しない。できることといえば、間違いながら、失敗しながら進んで行き、そんな不完全な自分を許していく事だけなのしれない。


今日も一つ一つ、自分のパターンを許していこうと思います。

最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同