• 渡邊 優

昨日は今年最後の茅ヶ崎グループの勉強会でした。

最後にふさわしい良い学びができました。得にパターンに対しての捉え方は、今一度腹に落とし込むには最高の学びとなりました。

「パターンはあって良いもの、それと共に生きて行かれればいい」

この言葉を仲間のMさんから聞いた時、スッと心が軽くなったのを覚えています。私の黒パターンは自分の中にあるドロドロしたパターンを恥ずかしいものと捉えがちです。それはドロドロしたものを他人に見られたとき、きっと白い目で見られたり引かれたりするだろう、ジャッジされるだろうとパターンは捉えているのです。そうすると勿論、自分の内面を隠したがるし、本心でものを言えなくもなります。しかし、「ドロドロしたパターンはあってよいもの、自分という人間の中には恥ずかしいところは何もない」こう捉えた時、救われたという気持ちは勿論のこと、誰にでもこれを持ってもらいたい、そんな風にも思いました。


人間とは弱い存在です。過ちも犯すし、間違いや失敗もします。いつでもどこでも完璧で正しい人間なんて存在しない。できることといえば、間違いながら、失敗しながら進んで行き、そんな不完全な自分を許していく事だけなのしれない。


今日も一つ一つ、自分のパターンを許していこうと思います。

最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ