• 渡邊 優

昨日は今年最後の茅ヶ崎グループの勉強会でした。

最後にふさわしい良い学びができました。得にパターンに対しての捉え方は、今一度腹に落とし込むには最高の学びとなりました。

「パターンはあって良いもの、それと共に生きて行かれればいい」

この言葉を仲間のMさんから聞いた時、スッと心が軽くなったのを覚えています。私の黒パターンは自分の中にあるドロドロしたパターンを恥ずかしいものと捉えがちです。それはドロドロしたものを他人に見られたとき、きっと白い目で見られたり引かれたりするだろう、ジャッジされるだろうとパターンは捉えているのです。そうすると勿論、自分の内面を隠したがるし、本心でものを言えなくもなります。しかし、「ドロドロしたパターンはあってよいもの、自分という人間の中には恥ずかしいところは何もない」こう捉えた時、救われたという気持ちは勿論のこと、誰にでもこれを持ってもらいたい、そんな風にも思いました。


人間とは弱い存在です。過ちも犯すし、間違いや失敗もします。いつでもどこでも完璧で正しい人間なんて存在しない。できることといえば、間違いながら、失敗しながら進んで行き、そんな不完全な自分を許していく事だけなのしれない。


今日も一つ一つ、自分のパターンを許していこうと思います。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で