top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は道場仲間との勉強会でした。

2か月ごとの勉強会ですが、年々仲間が成長しているのを実感します。仲間が自分の課題に頑張って取り組み、それを超える姿を見ていると私も刺激をもらい、自分も頑張ろうと思えるんです。


パターン的には、自分には無理だ、厳しい、越えられないかもしれない、そんな弱気なパターンは確かにあります。しかし、そんな弱きになるパターンもありながらも頑張り、そして乗り越えていく仲間の姿からは勇気をもらうんです。そこにいくまでの葛藤や覚悟、奮闘、そんな話を仲間から聞きました。簡単ではないけれど殻を破った仲間の姿はどこか誇らしく、そして清々しくもあります。


そんな姿からは素直に、称える思いが湧いてきます。

そして自分がこれから越えていこうという課題もきっと、この仲間のように、必ず越えられると思えてくるんです。


本来仲間というのはこういう存在なのかもしれません。

比べる対象でもなく、競争する相手でもない、お互いが認め合って初めてわかる相手の立場。

そして相手のためを思い本当のことを言うという、本気で向き合う相手。


そんなことをリマインドしながら今日も学んでいきます。

最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page