• 渡邊 優

先入観ってなんだろう?と考えていました。

それはきっと、今までの過去の経験や出来事と照らし合わせて、今回もあの時と同じだとか、あの人はきっとそうだとか、自分がそうだったから、きっとそうだなどの、レッテルや思い込みを先入観と呼ぶのだと思いました。


またよくある話として、自分は相手のことをこう思っていたけど、話してみると実は違ったとか、自分はきっとこう思われていると思っていたけど、話してみると違ったなど、本当によくある話だと思います。


ということは、先入観は当てにならない、ということなのだと思う。

先入観を持つ黒パターンはきっと、自分の正しさを証明したいのか、もしくは危険を回避しようとして傷つかないようにしているのか定かではありませんが、しかしそのどちらも、現実をありのままに見ているのではなく、パターンのフィルターを通して見ている状態です。そうすると自分の世界がどんどん狭くなっていくのではないか?そんなことを考えました。


ありのままを見ていくことの大切さ、これはきっとすごく大事なことで、自分の世界から出ていくような、新たな冒険のような感覚があります。

最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実