• 渡邊 優

魂の学び二日間も無事に終わり、これから一週間はその学びを消化するための期間となります。

特に印象に残ったのは「勇気」です。

全ては「勇気」から生まれる。現実の自分を見る勇気、自分と向き合う勇気、自分の間違いを認める勇気、自分の弱さを認める勇気、全てを正直に話す勇気、伝える勇気、前に進む勇気、後退する勇気。

色んな勇気を持ちながら、意識的に生きていく、というところに向かっていくのだと思います。


今まではどちらかというと、エイヤー!と、気合という勢いを使って、物事を前に進めていた感があります。しかし勇気には、覚悟していく、という「腹を決めた」感があり、物事に対する執着を感じません。ここに潔さがあるのだと思いました。

いずれにしてもこれからは「勇気」を意識しながら生活していこうと思います。


まだまだ余韻冷めやらぬ状態ですが、この消化期間を楽しんでいきます。

最新記事

すべて表示

一人相撲

パターンに飲まれると、いつも一人相撲をする私です。 勝手に心配して、勝手に不安になって、勝手に恐れて、悲しんで、怖がって、寂しくなって、腹が立って、苛々して、ストレスになって、苦しくて、辛くてと、まさに一人相撲。言い方を変えると、思い込みまっしぐらです。 後から考えてみると、どうしてあんなに不安になった?恐れた?悲しかった?など、後々冷静になって思い返しても全く現実的ではなかったし、全て勝手に自分

パターンの救済

パターンの救済を本格的にやろうと思います。 今まではどちらかというと、いや、9割型パターンよりでワークをしてきました。 それはどうしてもパターンよりなので、パターン贔屓に物事を見て、考えがちです。 もうそこではない在り方、私がパターンを救うという、私の本来の役目を遂行しようと思いました。 私の中に核となって、ドンと居座っている「一人になりたくない」という黒パターン。 一人では生きていけないほどに誰

駅での一幕

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。 奥さんはご主人に 「女を舐めるな!」 「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」 ご主人 「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」 奥さん 「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」 ご主人 「ほら、いくぞ・・」 そんな一幕に遭遇しました。 確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節が