• 渡邊 優

●頭のいい人が苦手だ・・


そう、頭のいい人が苦手だという黒パターンがあるのに気がつきました。


なぜならば、論理的で話も上手いし、太刀打ちできないし、自分では敵わないと、パターンは思っているんです。頭のいい人より自分は劣っている、負けているとパターンは思っているのかもしれません。


そうであると、悔しくて、腹が立って、ムシャクシャすると、パターンは思っています。


そうであるならば、○頭のいい人が苦手ではない、もうその領域からは降りよう。


この白黒ワークを今日はやっていこうと思います。



さて、今日は午後から静岡の静波に行ってきます。

週末に行われるサーフィンの認定試験を受けるためです。


色んな人がいる中で、自分のやるべきことをやっていこうと、自分の課題にフォーカスすることが技術のレベルアップにつながると最近実感しています。


黒パターンは周りを意識しがちです。あいつはどうだ?こいつより自分の方がうまいか??などなど。


しかし、自分のことをやるという白パターンを選んでいると、そこには意思力があり、スッキリとした集中力も感じます。自分の内側からの変化がどのように結果として現れるか、楽しみでもあります。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で