top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

●頭のいい人が苦手だ・・


そう、頭のいい人が苦手だという黒パターンがあるのに気がつきました。


なぜならば、論理的で話も上手いし、太刀打ちできないし、自分では敵わないと、パターンは思っているんです。頭のいい人より自分は劣っている、負けているとパターンは思っているのかもしれません。


そうであると、悔しくて、腹が立って、ムシャクシャすると、パターンは思っています。


そうであるならば、○頭のいい人が苦手ではない、もうその領域からは降りよう。


この白黒ワークを今日はやっていこうと思います。



さて、今日は午後から静岡の静波に行ってきます。

週末に行われるサーフィンの認定試験を受けるためです。


色んな人がいる中で、自分のやるべきことをやっていこうと、自分の課題にフォーカスすることが技術のレベルアップにつながると最近実感しています。


黒パターンは周りを意識しがちです。あいつはどうだ?こいつより自分の方がうまいか??などなど。


しかし、自分のことをやるという白パターンを選んでいると、そこには意思力があり、スッキリとした集中力も感じます。自分の内側からの変化がどのように結果として現れるか、楽しみでもあります。

最新記事

すべて表示

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

自分が嫌い・・

自分が嫌いだというパターン。 もう随分前に語りかけていましたが、今改めて「自分のことが嫌なのか・・」と考えていました。そしてパターンは「自分が嫌い」なのだという思いに至りました。 何で嫌なのかと聞いてみると、弱いところも、バツが悪い自分を隠すところも、そうやって保身で生きているところも、堂々と出来ずに虚勢を張るところも、そんな自分がパターンは嫌なんです。 本当は堂々と生きたいし、自分に尊厳を持ちた

Komentarze


Komentowanie zostało wyłączone.
bottom of page