• 渡邊 優

先月の道場の合宿時に、自分を保つ特権意識、というものを学びました。

どういうものかというと、例えば私の場合、地方へ旅行に行ったとき、そこで地元の方から「どちらから来られましたか?」と聞かれると「横浜です(^-^)」と得意げに応えます。

この得意げな部分が特権意識。自分、都会っ子なんだ!と、偉くもないのに偉くなった気になる。

他にも親方の兄の仕事場で、「自分、親方の弟!」現実は一番下っ端。

中国へ行った時も、「俺、日本人!」と、さも上からの気持ちになる。

色んな部分で顔を出す特権意識。

これも一つのパターンの一種と思い、つぶさに見ています。

この特権意識が強すぎるとパターンのようになり、捨てきれないものへと育ち、当人を苦しめるのだと思います。学歴などの特権意識がそれに近いかもしれません。


ここからどんな気づきがあるのかわかりませんが、まずは観察。



最新記事

すべて表示

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

半沢直樹

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。 日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。 その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。 自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。 長いものには巻

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com