• 渡邊 優

先日のこと、新人のスクール生に波を取られました。

その時「なにクソ!新人に負けてたまるか!次は俺が取ってやる!」とパターンの悔しい!という声が聞こえてきました。

おっとっと、これって「負けたくない!」のパターンだぞ、やられたらやり返すというパターンだ。

これは以前にも降りると決めたから、○もう勝ち負けからは降りよう「降りる降りる降りる。降りる降りる降りる」と呟きパターンを鎮めました。


この●負けたくない、のパターンは、負けとは負け犬になること、下になること、奴隷になる、そんなのは俺のプライドが許さないぞ!と強く反発するのです。


しかし負けることはそれだけではなく、負けを受け入れることによって現実の自分を知ることにもなるし、努力にも繋がるだろうし、成長にもつながると思う、それに強くなれるかもしれないし、こうしてパターンにも気付ける。

そして負けと決め付けているのパターンであって、「私」は勝ち負けそんなことどっちでもいいんだろうな〜と思うのです。現実、ただただ現実を受け止めることだけのように思えたのです。


そういえば今日の自分の課題は「肩の力を抜いてターンの練習」だったので、それすらも忘れるところで、ここでもおっとっと、となるのでした。



最新記事

すべて表示

半沢直樹

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。 日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。 その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。 自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。 長いものには巻

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com