• 渡邊 優

先日のこと、新人のスクール生に波を取られました。

その時「なにクソ!新人に負けてたまるか!次は俺が取ってやる!」とパターンの悔しい!という声が聞こえてきました。

おっとっと、これって「負けたくない!」のパターンだぞ、やられたらやり返すというパターンだ。

これは以前にも降りると決めたから、○もう勝ち負けからは降りよう「降りる降りる降りる。降りる降りる降りる」と呟きパターンを鎮めました。


この●負けたくない、のパターンは、負けとは負け犬になること、下になること、奴隷になる、そんなのは俺のプライドが許さないぞ!と強く反発するのです。


しかし負けることはそれだけではなく、負けを受け入れることによって現実の自分を知ることにもなるし、努力にも繋がるだろうし、成長にもつながると思う、それに強くなれるかもしれないし、こうしてパターンにも気付ける。

そして負けと決め付けているのパターンであって、「私」は勝ち負けそんなことどっちでもいいんだろうな〜と思うのです。現実、ただただ現実を受け止めることだけのように思えたのです。


そういえば今日の自分の課題は「肩の力を抜いてターンの練習」だったので、それすらも忘れるところで、ここでもおっとっと、となるのでした。



最新記事

すべて表示

全てを失いたくない

「全てを失いたくない」 このコロナ禍において、暴走した私の黒パターンです。 この黒パターンでいた時は、安心できる情報を貪り、探していました。 不安だったんですね。将来も、必死で稼いだお金も、住む家も、家族も、何が起こるか分からない未来に対して、それら全てを失いたくないと。 だから、安心できる情報を探し回っていました。しかし、情報を見れば見るほど不安や恐れは更に募り「やっぱりそうだ!」と決めつけ、思

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう