top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

現実の自分とは何者であるか・・ただ、平凡な人。そんな現実の自分を知ろ!ちゃんと認めろ!

平凡な人ほど、俺どうよ!私どうよ!俺俺!私私!と言う。しかし非凡な人はそんなことは言わない。


「あ〜耳が痛い!とっても耳が痛い!」


そんな痛いところを突かれ、とっても平凡な自分を実感したオープンセミナーでした。


今思うと、平凡な人ほどメンツを大事にし、プライドも高いように思います。まぁ、私のことなんですがね。

そしてこの、俺が俺がのパターンはきっと、特別でありたいのだと思います。なぜなら他人かそう思われたら、自分に価値が生まれ、自身も持てて、他人に勝つことができる、上になることができる、だから、誰からも認められる特別な「俺」「私」になりたいのだと思いました。


しかし現実の自分というのは極々平凡で、何かに突出してるわけでもない、至って平凡な自分です。


平凡は平凡なりに、誰の足を引っ張るでもなく、自分の課題や自分のなすべき事を実直にしっかりとやっていく、そう心底思える、熱い熱いセミナーでした。



最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page