top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

現実の自分とは何者であるか・・ただ、平凡な人。そんな現実の自分を知ろ!ちゃんと認めろ!

平凡な人ほど、俺どうよ!私どうよ!俺俺!私私!と言う。しかし非凡な人はそんなことは言わない。


「あ〜耳が痛い!とっても耳が痛い!」


そんな痛いところを突かれ、とっても平凡な自分を実感したオープンセミナーでした。


今思うと、平凡な人ほどメンツを大事にし、プライドも高いように思います。まぁ、私のことなんですがね。

そしてこの、俺が俺がのパターンはきっと、特別でありたいのだと思います。なぜなら他人かそう思われたら、自分に価値が生まれ、自身も持てて、他人に勝つことができる、上になることができる、だから、誰からも認められる特別な「俺」「私」になりたいのだと思いました。


しかし現実の自分というのは極々平凡で、何かに突出してるわけでもない、至って平凡な自分です。


平凡は平凡なりに、誰の足を引っ張るでもなく、自分の課題や自分のなすべき事を実直にしっかりとやっていく、そう心底思える、熱い熱いセミナーでした。



最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page