top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

早いものでもう年末です。

私も昨日から大掃除をしたり、実家に帰省する際のお土産の買い出しをしたりと、新年に向けての準備をしております。そして今年一年を振り返ると、パターンに始まってパターンで終わるという一年でした。この年末においても自身のプライドという大きなパターンとも向き合い、来年への布石を感じられる年末にもなりました。故に、確かな手応えを感じた年でもあります。


特にこの学びをしていると、どこか自分が特別で、高尚な気にもなっていたと思います。しかし今改めて考えると、この学びは特別でも何でもなく、宇宙の摂理に乗っとって生きるという、ごくごく当たり前の、普通のことを教えているのだと思います。その普通と言うことが、一番大事なのかもしれません。


そういう意味でも、パターンが求める特別ではなく、普通の人間になるということはとても大事なことのように思いました。そんな当たり前で大切なことを、おぼろげながらも感じられた一年でした。


この宇宙に感謝しながらも、また来年も普通に生きて、普通に学んでいこうと思います。そのためには今まで通り淡々と白パターンを選び続け、実践し、その後は天に委ねていく。もう思い通りにしない、ということが、大事なことのようにも思いました。


本年も大変世話になりました。

明日30日より〜新年1月4日まで日記はお休みいたします。

どうぞ皆様方においても、お体には十分気をつけて、良き年をお迎えください。



最新記事

すべて表示

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

自分が嫌い・・

自分が嫌いだというパターン。 もう随分前に語りかけていましたが、今改めて「自分のことが嫌なのか・・」と考えていました。そしてパターンは「自分が嫌い」なのだという思いに至りました。 何で嫌なのかと聞いてみると、弱いところも、バツが悪い自分を隠すところも、そうやって保身で生きているところも、堂々と出来ずに虚勢を張るところも、そんな自分がパターンは嫌なんです。 本当は堂々と生きたいし、自分に尊厳を持ちた

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page