top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

早いものでもう年末です。

私も昨日から大掃除をしたり、実家に帰省する際のお土産の買い出しをしたりと、新年に向けての準備をしております。そして今年一年を振り返ると、パターンに始まってパターンで終わるという一年でした。この年末においても自身のプライドという大きなパターンとも向き合い、来年への布石を感じられる年末にもなりました。故に、確かな手応えを感じた年でもあります。


特にこの学びをしていると、どこか自分が特別で、高尚な気にもなっていたと思います。しかし今改めて考えると、この学びは特別でも何でもなく、宇宙の摂理に乗っとって生きるという、ごくごく当たり前の、普通のことを教えているのだと思います。その普通と言うことが、一番大事なのかもしれません。


そういう意味でも、パターンが求める特別ではなく、普通の人間になるということはとても大事なことのように思いました。そんな当たり前で大切なことを、おぼろげながらも感じられた一年でした。


この宇宙に感謝しながらも、また来年も普通に生きて、普通に学んでいこうと思います。そのためには今まで通り淡々と白パターンを選び続け、実践し、その後は天に委ねていく。もう思い通りにしない、ということが、大事なことのようにも思いました。


本年も大変世話になりました。

明日30日より〜新年1月4日まで日記はお休みいたします。

どうぞ皆様方においても、お体には十分気をつけて、良き年をお迎えください。



最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page