top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

プライドというパターンについて考えていました。

プライドとは、人より見かけがいい、スタイルがいい、頭がいい、お金がある、家柄がいい、生まれがいい、いい会社に勤めている、上役である、地位がある、権力がある、喧嘩が強い、口がうまい、などなど、人より自分が優れていると思う優越感。これがプライドだと思います。


自分を支え、守っている鎧。


しかもこれが強いと争いのもととなるのではないかと思います。他人と比べ競うので・・

またその鎧がなくなると、自分を支えられなくなる、というのもプライドの特徴ではないかと思いました。以前プライドはペラペラだと先生に教えてもらったことがあります。


きっとそれは、プライドでは本当の意味で自分を支えられない。

そのような意味ではないかと思いました。


プライドに頼ると常に対象があります。

上か下か、勝ったか負けたか。

しかし、もうそこから降りて、そのままの自分でいい。という世界には他人は出てきません。

自由です。あらゆることを自分で決めて作っていけばいい、という自分の人生を生きれます。


そう考えるとプライドというのは、自分を縛り、限定してしまうものかもしれません。

そのプライドから降りるということは、自分を解放してくれる、大事なことのような気がしました。

最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page