• 渡邊 優

プライドというパターンについて考えていました。

プライドとは、人より見かけがいい、スタイルがいい、頭がいい、お金がある、家柄がいい、生まれがいい、いい会社に勤めている、上役である、地位がある、権力がある、喧嘩が強い、口がうまい、などなど、人より自分が優れていると思う優越感。これがプライドだと思います。


自分を支え、守っている鎧。


しかもこれが強いと争いのもととなるのではないかと思います。他人と比べ競うので・・

またその鎧がなくなると、自分を支えられなくなる、というのもプライドの特徴ではないかと思いました。以前プライドはペラペラだと先生に教えてもらったことがあります。


きっとそれは、プライドでは本当の意味で自分を支えられない。

そのような意味ではないかと思いました。


プライドに頼ると常に対象があります。

上か下か、勝ったか負けたか。

しかし、もうそこから降りて、そのままの自分でいい。という世界には他人は出てきません。

自由です。あらゆることを自分で決めて作っていけばいい、という自分の人生を生きれます。


そう考えるとプライドというのは、自分を縛り、限定してしまうものかもしれません。

そのプライドから降りるということは、自分を解放してくれる、大事なことのような気がしました。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。