top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

エアコンが壊れました・・・

それも突然エラーメッセージが表示されて突如ストップ。ダイキンのホームページでエラーメッセージを確認してみると、室外機センサーの故障とのこと、今日で3日目に突入です。

流石に梅雨時期の湿気には参りました。除湿が欲しい今日この頃です。


そしてこのエアコンというもの、誰がいつ作ったのか興味が湧き調べてみたところ、1902年アメリカのウィリス・キャリアという人が、最初の電気式エア・コンディショナーを発明する。

そして我が国では東京電気が1935年にアメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)社製のルームクーラを輸入販売。約100年余りの歴史がありました。私たち現代人は100年もの間エアコンに慣れ親しんできたんですね。(私が子供の頃は扇風機が主流だった気がする。扇風機の前で、あ〜〜あ〜〜とよく言っていた)


エアコンが壊れて初めて気づく文明の有り難み。

こうやって壊れてから、無くなってから気付く大切なものって沢山あると思います。

そうならないためにも、普段からの感謝が大切なのだと改めて思いました。

物はいずれ壊れる、だから感謝して大切にて使おう!そう思います。


ダイキンさん、修理に来られるのは明後日のもよう!至急頼む!

最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page