• 渡邊 優

エアコンが壊れました・・・

それも突然エラーメッセージが表示されて突如ストップ。ダイキンのホームページでエラーメッセージを確認してみると、室外機センサーの故障とのこと、今日で3日目に突入です。

流石に梅雨時期の湿気には参りました。除湿が欲しい今日この頃です。


そしてこのエアコンというもの、誰がいつ作ったのか興味が湧き調べてみたところ、1902年アメリカのウィリス・キャリアという人が、最初の電気式エア・コンディショナーを発明する。

そして我が国では東京電気が1935年にアメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)社製のルームクーラを輸入販売。約100年余りの歴史がありました。私たち現代人は100年もの間エアコンに慣れ親しんできたんですね。(私が子供の頃は扇風機が主流だった気がする。扇風機の前で、あ〜〜あ〜〜とよく言っていた)


エアコンが壊れて初めて気づく文明の有り難み。

こうやって壊れてから、無くなってから気付く大切なものって沢山あると思います。

そうならないためにも、普段からの感謝が大切なのだと改めて思いました。

物はいずれ壊れる、だから感謝して大切にて使おう!そう思います。


ダイキンさん、修理に来られるのは明後日のもよう!至急頼む!

最新記事

すべて表示

昨日は皆さんの近況、私の近況を通して自分自身を開示し、そこから派生する新たな気づきや学びをしていました。 しかしこの「開示」というもの、普段の生活では滅多にお目にかかることはありません。 それはきっと、自分の内側を見せるということが「弱さや負け」という意味づけに繋がっているからだと思います。それは他人の内側を見たときに、無意識のうちに自分と比較して、自分の方が優っている、劣っていると解釈し、自分の

今日はこれから魂の道場、岩手グループ、沖縄グループ、茅ヶ崎グループ、また個人で道場に通っている方達が一同に会したセミナーがあります。 ここ何年かコロナウイルスの影響もあり、他のグループに出席して皆さんの顔見ることもありませんでしたが、本日やっと、皆さんの元気なお顔を拝見できます。 お会いしていなかった間、それぞれの時間をこの学びに費やし、色々な経験のもとで皆さんが学んできたかと思われると感慨深いも

一人になりたくない・・ という、もう遠い遠い前世から引き継いでいるような強固な黒パターンに語りかけ、そのパターンの中に浸っていると、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、という強い思いを感じます。 このパターンは、誰かに守られていたら、自分に自信を持てる、自分に価値も持てて、他人の目も気にせず、強い自己肯定感を持って生きていかれる。 だから、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、そう叫んで