top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分を見ていく中で、やっぱりこのパターンは大きいよな、と思うものをあげてみました。


●見下されたくない

●馬鹿にされたくない

●ジャッジされたくない

●舐められたくない

●あれこれ言われたくない

●負けたくない


そしてパターンはなぜそうされたくないのかと、共通するものを考えてみました。

・プライドが傷つくから

・自信をなくすから

・羞恥心に耐えられないから

・生きていけないから

また逆の視点でパターンを見たとき、

他人から認められたり、高評価を得たり、褒められたり、尊敬されたり、勝利を得ることにパターンは喜びを得るのだと思います。


そのような見えない他人との争い、競争、勝ち負け、上か下か、自分は正しいか間違いか、そこでパターンが一喜一憂しているのが伺えます。

前回初めて自ら下に立つ、という経験をしたときに、そのことに気がつきました。


しかし、下になることは以前にもありました、その下に立つこととは、下でいた方が徳するから、利益になるから、波風立たせたくないから、自分が傷つきたくないから、面倒臭いことにならないから、そのようなことが中心でした。それは損得や保身が前提での動機です。


そうすると以前の下に立つ意味と、今回の下の意味付けが変わってきます。

以前は相手を立てることで自分の利益と得になり、または自らの保身が中心でした。

しかし今回は相手を立てることによる風通しの良さや共感、自他への尊重、柔軟性、心の解放、そいうものに喜びを感じたのです。


ことが起こってからの不快感や腹立たしさはパターンのダイレクトな感情、感覚としては解りやすいのですが、普段の無意識での自分の思い、考えには目がいかなかったのです。


それはパターンであるがゆえ、無意識のうちに人の下になる、黒子になるとうことを避けてきた、嫌がってきた気がしました。自分を中心でものを見て、考える、ということがあまりにも自然だったのです。


今回新たな体験をしてその領域を経験し、この世界の奥深さと面白さにさらに魅了されました。

この新たな領域はまだ定着していないので、どんどん選んで定着させていきたいところです。

最新記事

すべて表示

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

自分が嫌い・・

自分が嫌いだというパターン。 もう随分前に語りかけていましたが、今改めて「自分のことが嫌なのか・・」と考えていました。そしてパターンは「自分が嫌い」なのだという思いに至りました。 何で嫌なのかと聞いてみると、弱いところも、バツが悪い自分を隠すところも、そうやって保身で生きているところも、堂々と出来ずに虚勢を張るところも、そんな自分がパターンは嫌なんです。 本当は堂々と生きたいし、自分に尊厳を持ちた

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page