• 渡邊 優

自分を見ていく中で、やっぱりこのパターンは大きいよな、と思うものをあげてみました。


●見下されたくない

●馬鹿にされたくない

●ジャッジされたくない

●舐められたくない

●あれこれ言われたくない

●負けたくない


そしてパターンはなぜそうされたくないのかと、共通するものを考えてみました。

・プライドが傷つくから

・自信をなくすから

・羞恥心に耐えられないから

・生きていけないから

また逆の視点でパターンを見たとき、

他人から認められたり、高評価を得たり、褒められたり、尊敬されたり、勝利を得ることにパターンは喜びを得るのだと思います。


そのような見えない他人との争い、競争、勝ち負け、上か下か、自分は正しいか間違いか、そこでパターンが一喜一憂しているのが伺えます。

前回初めて自ら下に立つ、という経験をしたときに、そのことに気がつきました。


しかし、下になることは以前にもありました、その下に立つこととは、下でいた方が徳するから、利益になるから、波風立たせたくないから、自分が傷つきたくないから、面倒臭いことにならないから、そのようなことが中心でした。それは損得や保身が前提での動機です。


そうすると以前の下に立つ意味と、今回の下の意味付けが変わってきます。

以前は相手を立てることで自分の利益と得になり、または自らの保身が中心でした。

しかし今回は相手を立てることによる風通しの良さや共感、自他への尊重、柔軟性、心の解放、そいうものに喜びを感じたのです。


ことが起こってからの不快感や腹立たしさはパターンのダイレクトな感情、感覚としては解りやすいのですが、普段の無意識での自分の思い、考えには目がいかなかったのです。


それはパターンであるがゆえ、無意識のうちに人の下になる、黒子になるとうことを避けてきた、嫌がってきた気がしました。自分を中心でものを見て、考える、ということがあまりにも自然だったのです。


今回新たな体験をしてその領域を経験し、この世界の奥深さと面白さにさらに魅了されました。

この新たな領域はまだ定着していないので、どんどん選んで定着させていきたいところです。

最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、