top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私には全く頭の上がらない人が何人かいます。

自分の身勝手で相手に迷惑を掛けて傷つけた人たちです。勿論謝罪はしましたが、その方達は今でも変わらずに私と接してくれています。本当に申し訳なく思っています。


そして、同じように自分は許せただろうか、その後も受け入れる事ができるだろうかと考えると、答えはNOだと思いました。だから、全く頭が上がらない。ものが違いすぎる。それが心底実感できた時にようやく他人の有り難みがわかりました。


自分の思い通りにしたいと思い、黒パターン通りに身勝手に生きてきた私ですが、本当にようやく「感謝」というものを強く抱くようになりました。もうあの頃の自分には戻りたくない。

その方たちのためにもしっかり自分が成長して、恩返ししていきたい、今は心底そう思います。


自分を育ててくれた方々に、この場を借りて心から感謝を申し上げます。

本当に、本当にありがとうございます。


頑張ります。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page