• 渡邊 優

私には、負けを嫌がるパターンがあります。

最近こそ以前ほど騒がずにはなってきたものの、それでもそのパターンはそこにあり、たまに顔を出してきます。


そして最近、この負けたくないのパターンの本質が分かってきました。

この負けを嫌がるパターン。

「負けたら終わり」とした方が、私にとっては正確です。

そうなんです。負けたら全てが終わりだと、パターンは思っています。


この競争社会という長い歴史の中で、負けた時の他者から蔑む眼差しや、下とした扱いに、パターンは酷く傷ついたことを覚えています。それこそ奴隷のような扱いになるだろうと、そうなったら自分の人生さえも生きれなくなると、パターンは思っています。

また、その時に味わう屈辱感や惨めさ、情けなさ、恥ずかしさ、悲しみ、寂しさ、こういった感情はもう味わいたくない。

だから負けは許されない、「負けたら終わり」なんだと、パターンは決めつけているんです。


男性的であり、一見攻撃的に見えるパターンでも、その奥深くには、当時味わったであろう苦い感情と切なさが、そこにあるのがわかります。

過去の私の歴史の中で、このような体験を無数にし、今やっと、その本質と向き合えたことは、今の「私」にしか出来ない責任でもあり、喜びでもあります。


また一つ、新たな学びを携えて、今日も進んでいきます。



最新記事

すべて表示

全ての男は消耗品である・・

最近父とよくLINEで会話をする。今年でもう76歳になる父なのだが、LINEを普通に使いこなしている。孫達も父とLINEをしていて、チャレンジャーだね!などと言われ喜んで最近のSNSを使い込んでいる。そんな父からのLINEで特に多いのが母親の愚痴である。息子から見ても、ちょっと可哀想だな・・などと思うくらい詰め寄られて、こっ酷く何かを言われている。母から伝わるのは、「男性に対しての怒り」で、このエ

回復

ここ数日似たような事がおこり、あんなこと言われたくなかったのパターンが騒いで疲弊していました。しかし睡眠の力というのは素晴らしく、あれほど疲れ切っていたにも関わらず、体力も気力も回復させてしまう。まるで寝ている間にどこかで充電をしてきたかの如く、エネルギーが満ちてくるのを感じました。特にワークをした後の睡眠からの回復は素晴らしく、生まれ変わったかのような気にさせてくれます。 何の歌だったかはさっぱ

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com