• 渡邊 優

私には、負けを嫌がるパターンがあります。

最近こそ以前ほど騒がずにはなってきたものの、それでもそのパターンはそこにあり、たまに顔を出してきます。


そして最近、この負けたくないのパターンの本質が分かってきました。

この負けを嫌がるパターン。

「負けたら終わり」とした方が、私にとっては正確です。

そうなんです。負けたら全てが終わりだと、パターンは思っています。


この競争社会という長い歴史の中で、負けた時の他者から蔑む眼差しや、下とした扱いに、パターンは酷く傷ついたことを覚えています。それこそ奴隷のような扱いになるだろうと、そうなったら自分の人生さえも生きれなくなると、パターンは思っています。

また、その時に味わう屈辱感や惨めさ、情けなさ、恥ずかしさ、悲しみ、寂しさ、こういった感情はもう味わいたくない。

だから負けは許されない、「負けたら終わり」なんだと、パターンは決めつけているんです。


男性的であり、一見攻撃的に見えるパターンでも、その奥深くには、当時味わったであろう苦い感情と切なさが、そこにあるのがわかります。

過去の私の歴史の中で、このような体験を無数にし、今やっと、その本質と向き合えたことは、今の「私」にしか出来ない責任でもあり、喜びでもあります。


また一つ、新たな学びを携えて、今日も進んでいきます。



最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価