top of page

自己探求とは、私にとって自分を支えるものであり、救いであり、進化であり、生きる喜びです。

他者に視線を置かずに自分に目線を向けることが、これほど面白く、魅力的だとは始めた当初は全く思いませんでした。


それもそのはず、最初は自分を見れば見るほど目に余る自分を知ることになるので、自分自身をジャッジし、自分を見るのが嫌になるというループに嵌っていたからです。

きっとこのジャッジは以前は無意識に行っていたことと思います。

無意識のうちに自分にダメ出しをして、自分を痛めつけていたようにも思います。


一般的には、こんな自分ではダメだと自分に厳しくして、こうあるべきと自分に課すことが成長だと思われます。しかし自己探求をすればするほど、それが全く逆のことだと思うようになりました。

自分にダメ出しをせず、それもあっていいと自分を許し、もうそこに(こうあるべきに)囚われるのはやめようと、新たな白パターンへと選びかえる。


そこには自由や解放感があり、安堵感さえも感じます。

これでいい、今の自分から始めればいいんだと。


しかし自分にダメ出しをすると、自己嫌悪や恥ずかしさを感じ、自分が情けなくもなります。それは自分に対する理想や、自分が思い描いていた自分との違いに落胆したからです。


自己探求は現実を知るということでもあります。

理想の自分でも、思い描いた自分でもない、そのままの自分です。


そのままの自分を受け入れ、許すからこそ、本当の次のステップが踏めるのだと思います。

だから、救いであり進化のだと思う。





最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page